「暗号資産(仮想通貨)ってどうやって始めたらいいの?」

「初心者でも稼げるのかな?」

上記のような疑問にお答えしていきます。

確かに「暗号資産(仮想通貨)」というと、なんだか難しいような感じがしますよね…。

本記事では、初心者の方でもバッチリ理解できるよう、暗号資産(仮想通貨)の始め方について解説していきます。

この記事をしっかり読み込めば、初心者の方でも必ず暗号資産(仮想通貨)の始め方を理解することができますよ!

暗号資産(仮想通貨)の取引を始める際は「取引所」に登録する必要がありますが、

結論から言うと、国内最多の「12種類」もの取り扱い通貨を誇り、東証一部上場企業「マネックスグループ」を親会社に持つ「Coincheck(コインチェック)」が最もおすすめです。

スマホアプリは数ある取引所の中でも最も使いやすく、ダウンロード数は250万回を余裕で突破。 Coincheck(コインチェック)なら、安全性をしっかり確保しつつ、たくさんの暗号資産(仮想通貨)を取引することができます。

Coincheckで無料口座開設!

また、手数料を抑えておトクに暗号資産(仮想通貨)の取引を行いたい方には、取引手数料に加えて「入金手数料」まで無料な「bitbank(ビットバンク)」もおすすめ。

bitbank(ビットバンク)なら取引にかかる手数料をしっかりと抑えることができ、加えて「暗号資産(仮想通貨)取引量国内No.1」を誇っています。

手数料を抑えつつ安心して取引を行うなら、bitbank(ビットバンク)への登録は必須です!

bitbankで無料口座開設!

暗号資産(仮想通貨)とは?始め方・買い方は2つある!

この章では、まず暗号資産(仮想通貨)とは何か?に関する基礎知識と、一般的な購入方法を理解しましょう!

暗号資産(仮想通貨)とは?

暗号資産(仮想通貨)とは、電子データ上でやりとりされるデジタル通貨です。

一般的に銀行のような発行などを管理する中央管理者はおらず、世界中不特定多数の人によって管理されています

ブロックチェーンと呼ばれる、高度な暗号技術により、暗号資産(仮想通貨)に関する取引は全てネット上に記録されるため、不正ができない通貨として注目されています。

さらにこれまで、国際間でのお金にやりとりは取引が遅く、手数料が高いと言う問題がありました。

しかし暗号資産(仮想通貨)はそのような国際間での送金などのやりとりを瞬時に行い、手数料も安い『国際ブリッジ通貨』としての役割を期待されています。

また、まだまだ歴史の浅い暗号資産(仮想通貨)は、その価格が安定しておらず値幅が大きいため投資・投機の対象として世界中で利用されています。

暗号資産(仮想通貨)の始め方①取引所で買う

暗号資産(仮想通貨)は、暗号資産(仮想通貨)取引所と呼ばれるオークションサイトのようなもので売買取引をします。

この暗号資産(仮想通貨)取引所の中にも、取引方法が大きく2種類あります。

一つ目は『取引所』取引です。

取引所取引では一般ユーザーから暗号資産(仮想通貨)を買い、一般ユーザーに暗号資産(仮想通貨)を売ります

板と呼ばれる、各ユーザーの取引希望価格の情報を元に相場にあった値段を注文することで取引が成立します。

暗号資産(仮想通貨)の始め方②販売所で買う

暗号資産(仮想通貨)取引所での取引方法には取引所取引の他に『販売所』取引があります。

販売所取引とは、ECサイトのように暗号資産(仮想通貨)取引所運営会社が定めた価格で暗号資産(仮想通貨)を売ったり買ったりします。

販売所には板はなく、運営会社が提示する金額で売買をします。

初心者は販売所で購入するのがおすすめ

結論から言うと、暗号資産(仮想通貨)取引を始めるなら『販売所取引』がおすすめです。

『販売所』での取引は知識や経験がなくても簡単に取引をすることができ、始めやすいからです。

『取引所』での取引は、相場や買い時を見抜く経験や、取引作法などの知識が必要なため始めから取引所で取引をすると難易度が高めになるといえます。

取引所販売所
相場価格で取引ができる相場価格よりも割高
取引作法など難易度高め知識・経験がなくても 簡単に始められる

特に初めての販売所取引であれば、コインチェックがおすすめです。

トレードのしやすさや、UIのわかりやすさで高評価を得ています。

コインチェックはお得にビットコインがもらえるサービスも展開中なので初心者におすすめ。

 

Coincheckで無料口座開設!

取引はいくらから?暗号資産(仮想通貨)は少額から簡単に始められる

暗号資産(仮想通貨)といえば、最も王道なビットコインでさえ『1BTC=¥931,516』と高額で始めるには大変な資金が必要のように思えます。

しかし実は、暗号資産(仮想通貨)取引はほとんどの暗号資産(仮想通貨)取引所で1000円未満から始めることができます。

*販売所でビットコインを購入する場合

暗号資産(仮想通貨)取引所最低購入額(ビットコイン)
コインチェック500円
bitbank(ビットバンク)約100円(0.0001BTC/回)
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)約1000円(0.001BTC/回)
bitFlyer(ビットフライヤー)約0.01円(0.00000001BTC/回)

上記の表からもわかるように、暗号資産(仮想通貨)取引は最低1000円から始めることができ、月に1万円もあれば十分に取引をすることができます。

とはいえ、投資額が小さければ収益も小さいので、資金はたくさんあった方がいいことは言うまでもありません。

のちに解説をしますが、初心者が暗号資産(仮想通貨)取引で成功するためには少額でもいいので一定額を長期間(1年~)積み立てる方法がおすすめです。

積み立てをするならコインチェックで自動積み立てをすることができます。

 

Coincheckで無料口座開設!

初心者にもおすすめ!暗号資産(仮想通貨)取引所3選

さて、これまで暗号資産(仮想通貨)取引は初心者でも少額から始めることができるということを解説しました。

そこで次のステップは、初心者でも取引がしやすい暗号資産(仮想通貨)取引所を選ぶことです。

この章では特に安全で初心者でも成功がしやすいと評判の暗号資産(仮想通貨)取引所と口コミを紹介します。

暗号資産(仮想通貨)取引所①Coincheck

これから暗号資産(仮想通貨)を始めるなら、Coincheck(コインチェック)はとってもオススメ!

Coincheckは金融業界でもトップ企業の『マネックスグループ』が母体の信頼できる暗号資産(仮想通貨)取引所です。

Coincheckは使いやすさで人気で、コインチェックがリリースするスマホアプリはダウンロード数No1を誇ります。

スマホでトレードしたい方は必見です。

さらに、コインチェックでは光熱費の支払いでビットコインが貯まるって知っていましたか?

ただ光熱費を払うなんてただの損です。

コインチェックなら、毎月高額になりがちな電気代・ガス代でビットコインがもらえるサービスを展開中。

毎月の支払いでお得にビットコインがもらえるのはコインチェックだけです。

トレードをしたくない人は、コインチェックの積み立てもおすすめ。

Coincheckで無料口座開設!

コインチェックの口コミ
くりぷと@₿lockchain@_CryptoBlogger
 

コインチェックから、コインチェックでんきが復活するってメール来て嬉しい。電気代払うと、ビットコインが付与されるサービス。ビットコインで電気代払う事も出来る。

 
 
コインチェック電気は好評のようです。実際にお得にビットコインを貯めることができ、貯まったビットコインで電気代を払ったり、トレード資金にする人は多いようです。
あきら@テスラとかブロックチェーンとかに興味があるアカウント@teslabtcbakuage
 

コインチェックのUIは本当に素晴らしい。取引所としては世界一使いやすい。仮想通貨人口を増やすきっかけになったのは間違いないと思う。 だからこそ思うことは…マネックス証券のUIが酷すぎるので、もうちっと改善してくださいm(_ _)m https://twitter.com/yusuke_56/status/1223750561327087617 

大塚雄介 /コインチェック共同創業者@yusuke_56
 

コインチェックのデザインに対する考えを公開

デザインの力で、一人でも多くの人たちに、仮想通貨を「もっと身近に」に感じて欲しいhttps://buff.ly/2S3QVqT
coincheck
 
 

コインチェックは使いやすさでも高評価です。

スマホアプリに関しても、その使いやすさから「250万ダウンロード」を既に突破!

「カンタンかつおトクに暗号資産(仮想通貨)を始めたいな…」という方は、Coincheckは登録必須な取引所です!

Coincheckで無料口座開設!

コインテレグラフがおすすめする暗号資産(仮想通貨)取引所 bitbank(ビットバンク)

先述した通り、Coincheck(コインチェック)もとってもおすすめな取引所です。

ただ、より手数料を抑えておトクにトレードするなら、取引手数料に加えて「入金手数料」も無料な「bitbank(ビットバンク)」への登録も必須です。

bitbank(ビットバンク)は、なんと暗号資産(仮想通貨)取引量「国内No.1」を誇っている取引所!

取引量とユーザー数が国内でもトップクラスですので、安心して暗号資産(仮想通貨)のトレードを行うことができます。

さらに、ビットコインを含めて「合計6種類」もの通貨にも対応!

リップルやイーサリアムなどのアルトコインの取引を行うこともできるので、飽きることがありません。

さらに、顧客資産の管理には「コールドウォレット(オフラインウォレット)」を採用。

インターネットから完全に切り離された環境での保管なので、ハッキングなどを受ける確率も低く安心です!

「より安全に、安心して暗号資産(仮想通貨)を取引したいな…」という方は、bitbankへの登録は必須です。

bitbankで無料口座開設!

暗号資産(仮想通貨)取引所②bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤーは暗号資産(仮想通貨)取引所としての歴史もながく、信頼できる取引所です。

ユーザー数・取引高が国内でもトップクラスのため、取引所取引での相場は安定しており、初めてでも失敗しにくい取引環境といえます。

さらにビットフライヤー経由でお買い物や旅行をすると、ポイントの代わりにビットコインがたまるお得なサービスを展開しています。

いつものお買い物で暗号資産(仮想通貨)がたまるのは2020年5月現在では、ビットフライヤーだけです。

ビットコインを無料でもらえる、相場が安定していると言う点も加味して初心者におすすめできる暗号資産(仮想通貨)取引所と言えるでしょう。

bitFlyerで無料口座開設!

bitFlyer(ビットフライヤー)の口コミ評価

ビットフライヤーはスマホでもPCでもその日の評価損益をグラフで視覚的に見ることができます。

自分のトレードを反省したいときなどに役にたつので、初心者の方には特におすすめです。

ビットフライヤーの他に評価損益を視覚的に見ることができるのはGMOコインやTAOTAOが挙げられます。

ビットフライヤーは特にUIや使いやすさが好評のようです。

初めての人でもメイン使いに向いているといえます。

bitFlyerで無料口座開設!

暗号資産(仮想通貨)取引所③DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は初心者の暗号資産(仮想通貨)FXをやりたい人に特におすすめです。

さらに取引気手数料・入出金手数料も無料と業界トップクラスに低コストで暗号資産(仮想通貨)取引を始めることができます。

アルトコインのレバレッジ取引に優れていて、特に暗号資産(仮想通貨)『NEM』の取引をしたい人はDMM Bitcoin(DMMビットコイン)一択。

スマホアプリも使いやすいと話題です。

DMM Bitcoinで無料口座開設!

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の口コミ
BONZIN@サラリーマンの人生を再生化する計画@aichikasegu
 

コインチェックの入金手数料→770円 DMMBitcoinの入金手数料→無料。 この差はかなり大きい~! アプリが使いやすいので仮想通貨の初心者にはおすすめです。 ただ、仮想通貨を購入して即送金するならDMMBitcoinがいいでしょう~

Twitter広告の情報とプライバシー
 
 

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)はやはり手数料のやすさで人気を集めているようです。

入金手数料など回数によって額が大きくなるような手数料は安いものに限りますね。

最も低コストで取引をしたい場合はDMM Bitcoin(DMMビットコイン)がおすすめです。

筋肉ヤバ夫@kinniku_yavao
 

仮想通貨の送付を考えてる人は、DMMビットコインで口座を作ることは絶対に辞めたほうがいい!!マジで出庫にクソ時間がかかるから。先週金曜の深夜に出庫手続きして今日もまだ出庫されないからね。 早いときは平日の午前中に出庫手続きしたらその日の夕方とかだけど、休み挟むと驚異の遅さよ

 
 

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は、手数料で高評価とはいうものの処理の遅さで一定の低評価もあるようです。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)はメイン利用というよりもサブ利用でおすすめです。

DMM Bitcoinで無料口座開設!

暗号資産(仮想通貨)の始め方3ステップ

自分にぴったりの暗号資産(仮想通貨)取引所を見つけたら、早速暗号資産(仮想通貨)取引を始めましょう。

以下では暗号資産(仮想通貨)取引を始めるまでの方法を簡単に3ステップで解説します。

暗号資産(仮想通貨)取引はウェブ上で手続きがすむ仮登録と、郵送を受け取ってコードを取得する本登録の2段階に分かれています。

仮登録は3~5分で終わり、審査→本登録までは『3~7営業日』かかると言われているので余裕を持って始めましょう。

*お急ぎの方は最も早いで高評価なCoincheck(コインチェック)がおすすめ!

Coincheckで無料口座開設!

暗号資産(仮想通貨)取引を始める前に準備するもの

まずは、暗号資産(仮想通貨)取引所に登録する前に準備するものを確認しましょう。

準備するものは以下の通りです。

1. スマホorパソコン

2. ネット環境

3. 身分証明書(顔写真付き1種類 or 顔写真のないもの2種類)

【5分で完了】暗号資産(仮想通貨)取引の始め方3ステップ

それでは暗号資産(仮想通貨)取引所に登録するまでのステップを簡単に確認しましょう。

登録のステップは上記のように進めていきます。

今回は、初心者にも最もおすすめなコインチェックを参考に進めていきます。

手順はどの取引所もほとんど同じなので、あなたの気に入った取引所で登録をしてみましょう。

ステップ1:暗号資産(仮想通貨)取引所公式サイトのリンクを開く

まずは公式サイトのリンクを開き、登録のボタンを押しましょう。

Coincheckで無料口座開設!

ステップ2:仮登録をする

登録のボタンを押すと、メールアドレスの入力フォームが出てきます。

使っているアドレスを入力し、送信をしましょう。

登録したアドレスに取引所からのメールが届くので開きます。

メール内にあるリンクを開き、個人情報の登録を進めます。

仮登録でのステップは以下の通りです。

1. 住所・氏名などの基本個人情報の登録をする

2. 本人確認書類の提出

*重要:登録する住所と一致する本人確認書類 本人確認書類は、規定に従って画像をアップロードします。

これで仮登録は完了です。

ステップ3:本登録をする

本人確認書類提出をし、仮登録完了すると、最短3営業日以内に本登録の案内ハガキが登録住所に届きます。

ハガキにはコードが記載されており、ハガキに記載の通りの方法でコードを入力すると、本登録の完了です。

暗号資産(仮想通貨)の買い方・購入方法3ステップ

暗号資産(仮想通貨)取引所で登録が完了をしたら、買い方を理解しておきましょう!

買い方はアマゾンで買い物をしたことがある人なら、カンタンにできます。

暗号資産(仮想通貨)を購入する前に準備するもの

暗号資産(仮想通貨)を購入する第一ステップは『入金』です。

そのため、購入の際は以下の物を準備しましょう!

1. 現金

2. ネットバンキング←必須ではないがおすすめ

現在安全な国内暗号資産(仮想通貨)取引所では、クレジットカードで暗号資産(仮想通貨)を買うことはできません。

そのため、現金が必要となります。暗号資産(仮想通貨)取引所にもよりますが、暗号資産(仮想通貨)取引所の口座に入金する手段は以下の表の通りです。

手段反映手数料
ネットバンキング即時なし
ペイジー即時取引所による
コンビニ入金銀行の営業時間内取引所/銀行による
銀行振込銀行の営業時間内取引所/銀行による

入金手段は取引所によって大きく異なります。

あなたのお気に入りの取引所の入金手段は事前に調べておきましょう!

*手数料で損をしたり、土日に入金できず買い時を逃したりしたくない方は、『住信SBI』(インターネットバンキング)がおすすめ。

手数料無料で土日24時間いつでも即時入金をすることができます!

暗号資産(仮想通貨)取引をするなら持っていて間違えのないインターネットバンキングです。

暗号資産(仮想通貨)取引の買い方3ステップ

暗号資産(仮想通貨)の買い方は大まかに3ステップです。 即時入金であれば、5分ほどで完了します。

ステップ1:入金方法を選択する

まずはマイページにて、入金ボタンをおし、入金方法を選択します。

ステップ2:暗号資産(仮想通貨)取引所口座に入金する

選択した入金方法で、入金したい額を入力し入金します。 初めてであれば1万円ほどあれば十分でしょう。最低1000円あれば、取引を始めることができます。

ステップ3:好きな暗号資産(仮想通貨)を購入する

日本円の入金が完了したら、希望の通貨を希望の数量分注文をすれば、購入完了です。

初めてであれば、販売所取引がカンタンでおすすめです。

売りたいときは、売りたい数量を入力し購入ボタンの隣にある『売』をクリックすれば完了です。

スマホでできる!暗号資産(仮想通貨)トレードの始め方

今や暗号資産(仮想通貨)取引はスマホでできるのが当たり前です。

スマホで暗号資産(仮想通貨)取引ができるメリットは、価格の変動しやすい暗号資産(仮想通貨)取引で隙間時間を使って、買い時を逃さず取引ができる点やいつでもどこでもカンタンにトレードができるという点です。

そこでこの章ではそんなスマホでのトレードの始め方を解説します。

スマホで暗号資産(仮想通貨)トレードをする

スマホで暗号資産(仮想通貨)トレードをするときは、専用アプリをスマホにインストールすることで始めることができます。

スマホトレードの中でも最も人気のあるアプリ『GMOコイン』の『ビットレくん』を参考にしてみましょう。

GMOコインで無料口座開設!

画像のように、初めてで用語もよくわからなくても直感的に取引をすることができる構成になっています。

初心者でも間違って注文が行われないように、注文までフローも簡単です。

このように、スマホでの暗号資産(仮想通貨)取引も今や簡単にできるので、スマホアプリでのトレードもおすすめです。

GMOコインのビットレくんの他に、初心者のスマホトレードにおすすめなのは『コインチェック』です。

コインチェックはスマホトレードでの使いやすさや、操作のわかりやすさで国内で人気な取引所です。

Coincheckで無料口座開設!

スマホで暗号資産(仮想通貨)トレードができる取引所一覧

取引所名特徴
コインチェック販売所/取引所におすすめ
GMOコイン初心者・現物取引/販売所取引におすすめ
DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)初心者・暗号資産(仮想通貨)FX取引におすすめ
bitFlyer(ビットフライヤー)中級者・販売所/取引所におすすめ

コインチェックのスマホアプリについて詳しく知りたい:コインチェック公式ホームページ

GMOコインのスマホアプリについて詳しく知りたい:GMOコイン公式ホームページ

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のスマホアプリについて詳しく知りたい:DMM Bitcoin(DMMビットコイン)公式ホームページ

bitFlyer(ビットフライヤー)のスマホアプリについて詳しく知りたい:bitFlyer(ビットフライヤー)公式ホームページ

暗号資産(仮想通貨)取引の始め方・買い方で注意すべき3つのポイント

暗号資産(仮想通貨)取引を始める前に、知っておきたい注意点は3つあります。

この章では、暗号資産(仮想通貨)取引にをする際のリスクと失敗しないために注意したいポイントを解説します。

暗号資産(仮想通貨)取引所は複数登録する

暗号資産(仮想通貨)取引を検討している人なら誰でも、暗号資産(仮想通貨)流出事件と言うのは耳にしたことがあると思います。

暗号資産(仮想通貨)流出による資産の損失を避けるために暗号資産(仮想通貨)取引所は『複数』登録をしましょう。

暗号資産(仮想通貨)は不正ができないことで価値をもつデータ通貨のため、信頼できますが暗号資産(仮想通貨)を取り扱う『暗号資産(仮想通貨)取引所』のシステムは悲しくも万全ではありません。

あなたが選んだ暗号資産(仮想通貨)取引所も狙われれば流出の可能性はゼロではありません。

リスクのある取引所一箇所に資産を全てを預けることはしないようにしましょう。

暗号資産(仮想通貨)はウォレットで保管する

流出による資産の損失をもっと避けるためには、暗号資産(仮想通貨)をウォレットで保管しましょう。

通常、何もしなければ購入した暗号資産(仮想通貨)は、暗号資産(仮想通貨)取引所の口座に保管されます。

ウォレットとは、暗号資産(仮想通貨)取引所の外で暗号資産(仮想通貨)を保管できるデバイスのことを言います。

種類安全度特徴価格
モバイルウォレット☆☆★スマホにアプリを インストールして使用無料
デスクトップウォレット☆★★パソコンにアプリを インストールして使用無料
ペーパーウォレット☆☆★暗号資産(仮想通貨)を使用するのに必要な 情報が紙に印刷されているもの無料
ハードウェアウォレット☆☆☆専用のデバイスに データを保管して使用8,999円~

最もおすすめなのでは、ハッキングなどの影響を受けないインターネット上から切り離されている『ペーパーウォレット』『ハードウェアウォレット』です。

特に『ペーパーウォレット』は無料のためコスパがいいですが、ウォレットの役割を果たす紙を無くしてしまえばその資産はなくなってしまうというリスクがあります。

そのため最も安パイなのは『ハードウェアウォレット』です。

資産が高額になったら、リスクヘッジのために必ず利用するようにしましょう。

暗号資産(仮想通貨)取引は余剰資産で行う

暗号資産(仮想通貨)取引は誰にでも簡単に始めることができ、タイミングがあえば簡単に大金を稼げてしまう可能性もあります。

しかし一方で、価格の変動が急なため、簡単に資産がゼロになってしまうこともあるのです。

知識と経験が蓄積されるまでは出来るだけ『なくなっても死なない額』でトレードをしましょう。

もしその余裕がなければ、今なら『Tポイント』で暗号資産(仮想通貨)を買うことができるためポイントといったなくなっても死なない資産でトレードをするのも賢い選択です。

*Tポイントで暗号資産(仮想通貨)投資ができるのはbitFlyer(ビットフライヤー)だけ! 今ならビットコインも、もらえちゃう!

bitFlyerで無料口座開設!

初心者にもおすすめ!暗号資産(仮想通貨)銘柄5選

これまでおすすめな暗号資産(仮想通貨)取引所・暗号資産(仮想通貨)の始め方・買い方を簡単に解説していきました。

この章では、初心者でもトレードがしやすいおすすめの暗号資産(仮想通貨)銘柄を紹介します。

トレードがしやすい暗号資産(仮想通貨)銘柄を選ぶことで、勝率を上げていきましょう。

初心者におすすめ①ビットコイン

初心者におすすめの暗号資産(仮想通貨)で外せないのは、暗号資産(仮想通貨)の王様『ビットコイン』。

ビットコインは時価総額17京115兆439億691万211円規模にまで広がっています。

(2020年5月現在:https://coinmarketcap.com/ja/)

2位のイーサリアム2京243兆936億412万404円とは大きく離れる時価総額です。

ここまでの価値を持ったビットコインは、他のどの暗号資産(仮想通貨)よりも価値が信頼でき、比較的変動も安定しているためトレードがしやすい暗号資産(仮想通貨)です。

ビットコインを購入するなら、ビットコインの取引量が最も多い『bitbank(ビットバンク)』がおすすめです。

取引量が多いので、取引をするとき価格相場が比較的安定しており、初心者でも取引がしやすい環境です。

bitbankで無料口座開設!

初心者におすすめ②リップル

日本国内で絶大な人気を誇る『リップル』も初心者におすすめの暗号資産(仮想通貨)銘柄の一つです。

リップルは国境のない通貨・ブリッジ通貨を目指しており、主にビジネスの場でも法人向けに利用されることを構想しています。

そのため世界各国の銀行でリップルネットワークの取り入れが始まっており、今後価値が上がるのではないかと、世界中の暗号資産(仮想通貨)トレーダーに注目されている暗号資産(仮想通貨)です。

リップルは時価総額933兆272億397万248円で、全暗号資産(仮想通貨)の3位として揺るぎない地位を築いており信用できる点に加え、今後の価値の伸び代も合間って初心者におすすめできる暗号資産(仮想通貨)です。

リップルを買うならコインチェックがおすすめです。

コインチェックなら価格変動が急なリップルのチャートもスマホで簡単に確認できます。

さらにスマホアプリは使いやすさで好評です。

Coincheckで無料口座開設!

初心者におすすめ③イーサリアム

イーサリアムは唯一ビットコインに打って変わる通貨として、ビットコインに肩を並べる暗号資産(仮想通貨)です。

イーサリアムはビジネスの場での活用に特化しており、今後世界中で利用が広がる期待感と、ビットコインの欠点を補完する暗号資産(仮想通貨)として注目を浴びています。

他の暗号資産(仮想通貨)の中でもイーサリアムだけがビットコインと競合う規模に成長をしており、今後も伸びていくと言う信頼感から初心者におすすめできる暗号資産(仮想通貨)です。

イーサリアムを買うならコインチェックがおすすめです。

コインチェックはビットコインでイーサリアムを買うことができ、さらにビットコインは毎月の光熱費で毎月タダでもらうことができます。

Coincheckで無料口座開設!

初心者におすすめ④ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュとは、ビットコインから分岐(ハードフォーク)して生まれた暗号資産(仮想通貨)です。

ビットコインの利便性に置ける欠点を補う暗号資産(仮想通貨)として生まれており、継続してTOP5に入る人気暗号資産(仮想通貨)です。

今後はビットコインキャッシュでの取引や商品の売買を可能にするプラットフォームのローンチを発表しており、期待大の暗号資産(仮想通貨)です。

初心者におすすめ⑤ライトコイン

ライトコインは最も歴史の古いアルトコイン(ビットコイン以外の暗号資産(仮想通貨))です

ライトコインは発行上限が比較的多く、1LTCの価格が安く買いやすいと言う特徴があります。

また、決済手段として優秀な上に決済サービスもすでに導入されていると言う点からも将来性が期待できる暗号資産(仮想通貨)と言えます。

ライトコインを買うならDMM Bitcoin(DMMビットコイン)がおすすめです。

ライトコインのようなビットコイン以外のコインの扱いならDMM Bitcoin(DMMビットコイン)が最も人気です。

DMM Bitcoinで無料口座開設!

初心者でも稼ぐコツは?暗号資産(仮想通貨)トレードの始め方

お気に入りの暗号資産(仮想通貨)取引所と、暗号資産(仮想通貨)銘柄は見つかりましたか?

この章ではそれらを使って安全に簡単に稼ぐためのトレードの始め方を簡単に解説します。

暗号資産(仮想通貨)取引で利益が出る仕組み

トレードの始め方を学ぶ前に、暗号資産(仮想通貨)取引で利益が出る仕組みの基本についてざっくり理解しましょう。

暗号資産(仮想通貨)取引では、『売買差』をから差益を得ると仕組みになっています。

簡単に言うと、安く買って・高く売る、と言う方法が最もスタンダードです。

そのため、いつ買い時なのか、売り時なのかを正しく見極めることが暗号資産(仮想通貨)トレードにおいて醍醐味になります。

ここで紹介するトレード方法は、初心者でも比較的『売り時・買い時』を見極めやすく簡単に利益が出せる方法を紹介します

暗号資産(仮想通貨)トレード始め方;長期保有(ガチホ)

暗号資産(仮想通貨)トレードで最もスタンダードかつ、ローリスクな投資方法は『長期保有』と言う方法です。

その名の通り、一度購入した暗号資産(仮想通貨)を一定期間(半年~)保有し続ける方法です。 安い時に買って、買った時の値段よりも高くなるまで売らずにいれば必ず利益を出すことができます。

長期保有をする際に、『毎月定額で積立』がおすすめです。 定

額で積立をすれば、安い時は多く買い・高い時は少なく買うことができ、ローリスクで利益を最大化することができます。

初めのうちは大部分の資産で長期保有をし、一部の資産で利益率の高い暗号資産(仮想通貨)FXなどに挑戦すると言う分配で投資を勉強するのがおすすめです。

初心者の方で長期保有をするならコインチェックがおすすめ。

Coincheckで無料口座開設!

暗号資産(仮想通貨)トレード始め方:アービトラージ

暗号資産(仮想通貨)の売買額は、取引所によって異なります。

例えば、0.001BTC=900円でビットコインを売買している取引所もあれば、0.001BTC=1000円で売買をしている取引所もあります。

アービトラージではこの差額を利用して利益をあげます。

売り価格が安い暗号資産(仮想通貨)取引所で暗号資産(仮想通貨)を買い、買い価格の高い暗号資産(仮想通貨)取引所で暗号資産(仮想通貨)を売ると言うわけです。

収益は少額で、取引回数を増やすことで大きな額を稼ぐ手法で、相場の変動によるリスクは比較的低く初心者でも利益があげやすいと言えます。

ただし、取引回数が多くなるため、送金手数料などには注意です。

GMOコインやDMM Bitcoin(DMMビットコイン)、TAOTAOなど、送金手数料が無料の取引所を利用するようにしましょう。

DMM Bitcoinで無料口座開設!

暗号資産(仮想通貨)トレード始め方;暗号資産(仮想通貨)FX

暗号資産(仮想通貨)FXとは、実際に暗号資産(仮想通貨)を売買するのではなく、将来のある時点においての暗号資産(仮想通貨)を、ある価格で購入し実際の価格との差額で利益をえる手法です。

この手法は特にチャート分析・テクニカル分析といった専門知識と経験が必要であり、難易度は高めの手法になります。

暗号資産(仮想通貨)FXをすれば、暗号資産(仮想通貨)が下げ相場の時でも利益をあげることができ、短期間のトレードでも十分に利益をあげることができます。

さらに暗号資産(仮想通貨)FXであれば『レバレッジ取引』をすることができ、短期間で大きな利益を得ることが可能です。

レバレッジ取引とは、元手の資金にレバレッジと言う倍率をかけ、実際の資金の倍(国内では最大4倍)の額で取引をすることです。

例えば、元手の資金が1万円しかなくても、レバレッジ4倍をかけることで4万円分の取引をすることができます。

つまり、1万円での取引で得られる収益が4倍になるということです。

しかしこのレバレッジ取引は諸刃の剣で、損失が出た場合も4倍になってしまいます。

暗号資産(仮想通貨)FXであれば、このように短期間のトレードで下げ相場の時でも利益を出すことができ、さらにレバレッジ取引をすることによって利益を倍にすることも可能です。

この方法はリスクが高いので、初めは資産のごく一部で練習をすると良いでしょう。

初心者でレバレッジ取引をする場合は『DMM Bitcoin(DMMビットコイン)』が最も使いやすいと好評です。

暗号資産(仮想通貨)を始める前に|暗号資産(仮想通貨)投資でかかる税金

ここまでこの記事を読んだあなたは、もう今からでも暗号資産(仮想通貨)取引を始めることができます。

しかし、暗号資産(仮想通貨)取引での利益を最大化するためには最後に『税金』のことを知っておかなければなりません。

暗号資産(仮想通貨)取引で利益が出た場合の課税を知っておくことによって、より賢く、暗号資産(仮想通貨)で稼ぎましょう。

この章では平成29年に発行された国税庁の『暗号資産(仮想通貨)に関する所得の計算方法等について(情報)』を参考に解説をします。

暗号資産(仮想通貨)投資での利益は雑所得

まず、暗号資産(仮想通貨)取引で出た利益の課税区分は『雑所得』に区分されることを押さえておきましょう。

雑所得に区分されるため、『利益が20万円以上出た場合、確定申告』をする必要があります。

学生や主婦など、扶養されている人は『利益が33万円以上出た場合、確定申告』をする必要があります。

税率は他の所得と合算した額に応じて決まります。

さらに所得税は、収入が増えれば税率も上がる累進課税です。

最大の税率は暗号資産(仮想通貨)取引の収入と、他の収入を合わせて年収が4000万円を超えた場合で、所得税は45%になり住民税10%と合わせて年55%になります。

課税される所得金額税率控除額
195万円以下5%0円
195万円を超え 330万円以下10%97,500円
330万円を超え 695万円以下20%427,500円
695万円を超え 900万円以下23%636,000円
900万円を超え 1800万円以下33%1,536,000円
1800万円を超え 4000万円以下40%2,796,000円
4000万円超45%4,796,000円

出典:国税庁 No.2260 所得税の税率

例えば、他の収入と暗号資産(仮想通貨)取引で得た収入の合算が500万円だった場合、税率は20%になり、基礎控除38万円を考慮すると以下の分だけ税金として納める必要があります。

(500万-38万)×0.20-427,500円=451500円

暗号資産(仮想通貨)は保有しているだけでは税金はかからない

暗号資産(仮想通貨)は買って保有しているだけでは課税対象になりません。

買った暗号資産(仮想通貨)と何かを交換した時点で課税対象になります。

例えば、買った暗号資産(仮想通貨)で商品や他の暗号資産(仮想通貨)を買った場合も課税対象になります。

例)1BTC=50万円の時に1BTC購入し、1BTC=100万円になった時、100万円の車を1BTCで購入した場合

100万円(購入した額)-50万円(ビットコインの取得金額)=50万円←課税対象

暗号資産(仮想通貨)投資で20万円以上の利益が出た場合は確定申告をしよう

なにはともあれ、暗号資産(仮想通貨)投資でトータル20万円以上の利益が出た場合は確定申告をしましょう。

扶養内に入っている人は、33万円以上の利益が出た場合は確定申告になります。

確定申告は自分でやるか、税理士に頼む方法があります。

自分でやる場合は、以下のフリーソフトがおすすめです。

https://www.freee.co.jp/kakuteishinkoku/

暗号資産(仮想通貨)取引取引の始め方・買い方に関するQ&A

さて、この記事の最後に、暗号資産(仮想通貨)取引始める際に気になるQ&Aをまとめました。

皆さんも疑問を解消し、今日から暗号資産(仮想通貨)取引を始めてみましょう!

暗号資産(仮想通貨)取引にかかる取引手数料は?

取引所にもよりますが、日本円の入出金手数料・暗号資産(仮想通貨)の入出庫手数料が基本的にかかります。

また取引方法別に、取引所取引では、スプレッドと言う取引手数料のようなものがかかり

暗号資産(仮想通貨)FXでポジション保有手数料、レバレッジ取引では、ロスカット手数料などがあります。

手数料に関しては取引所によって大きく異なり、最も安く暗号資産(仮想通貨)取引をしたいなら、bitbank(ビットバンク)がおすすめです。

bitbankで無料口座開設!

暗号資産(仮想通貨)は今後も儲かるか

暗号資産(仮想通貨)は、コロナショックによる大暴落を経て現在は回復傾向にあります。

これまで主流であった株式などが軒並み下がる中での回復のため、今後投資対象として前向きに捉えられていると考えられます。

こうした背景からも暗号資産(仮想通貨)市場は今後も伸びると考えられ、今その波に乗ることができれば儲かる可能性はゼロではありません。

機関投資家の参入があれば、今の価格の数倍に伸びるとも噂されているため、何にせよ、始めるなら早めがおすすめです。

暗号資産(仮想通貨)取引をするには最低どれくらいの資金が必要?

最低額は、多くの暗号資産(仮想通貨)取引所で1000円もあれば十分に取引を始めることができます。

暗号資産(仮想通貨)の購入は現金だけ?

現在国内取引所では、現金のみです。

クレジットカードでの購入は海外取引所となります。

暗号資産(仮想通貨)は詐欺?

暗号資産(仮想通貨)自体は、世界中で取引が始められており、各国金融機関も導入を進めているほど注目を浴びている信頼のできる通貨です。

ただし暗号資産(仮想通貨)取引を教えるコミュニティーやサロン、セミナーを謳った詐欺は横行しているのも現実です。

暗号資産(仮想通貨)取引は、誰でも簡単に始められます。

信頼できるサイトや、本から情報収拾をするように心がけましょう。

暗号資産(仮想通貨)は高校生でも始められる?

多くの暗号資産(仮想通貨)取引所で、未成年の登録はほとんどの取引所ではできず、できても親の承諾が必要となります。

高校生でも親の承諾があれば始めることができる暗号資産(仮想通貨)取引所は『BTCBOX』と『フィスコ仮想通貨取引所』の2社です。

暗号資産(仮想通貨)の始め方・買い方まとめ

ここまで暗号資産(仮想通貨)の始め方・買い方や、選び方・手法まで暗号資産(仮想通貨)投資を始めるためのステップアップに必要な全知識を解説しました。

あとは実際に暗号資産(仮想通貨)を購入してトレードを初めてみて、さらに知識と経験を積んでいきましょう!

それではこの記事の最後に、ポイントをもう一度おさらいしましょう。

初めての暗号資産(仮想通貨)取引にはCoincheck(コインチェック)がおすすめです。

Coincheckで無料口座開設!