香港で仮想通貨取引所規制をまもなく発表か|KYCやAMLなどの要件盛り込む【ニュース】

香港の金融規制当局である香港証券先物委員会(SFC)はビットコインや仮想通貨取引所への規制をまもなく発表する。ロイター通信が6日、SFCトップであるアシュレイ・オルダー氏の話として報じた

新要件では仮想通貨取引所がカストディや本人確認(KYC)やアンチマネーロンダリング(AML)などについて盛り込まれているという。

「このフレームワークにより、仮想通貨取引プラットフォームはSFCによって規制されるようになる。」

SFCは昨年11月に規制当局と仮想通貨取引所が規制について議論するために仮想通貨に関するイニシアチブを発表した。

最初の取引所はフォビか

一方で、中国情勢に詳しいプリミティブ・ベンチャーズのドビー・ワン氏は最初に認可される取引所としてフォビの可能性を挙げている

<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">WOW this is BIG <br><br>Hongkong SEC will announce detail in abt an hour regarding cryptocurrency exchange application criteria 😳😳😳<br><br>Considering Huobi has already backdoor listed on HKex, this will def play them a huge favor to be the first legalized Chinese crypto exchange</p>&mdash; Dovey 以德服人 Wan 🗝 🦖 (@DoveyWan) <a href="https://twitter.com/DoveyWan/status/1191972506015600642?ref_src=twsrc%5Etfw">November 6, 2019</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

「Huobiが既に香港証券取引所(HKex)に裏口上場していることを考えると、フォビが最初の仮想通貨取引所になるだろう」