ビットコインは「年内に2万ドル超え」、仮想通貨特化のヘッジファンドが予測

 仮想通貨・ブロックチェーン分野に特化したヘッジファンド、パンテラ・キャピタルのダン・モアヘッドCEOは、ビットコインは底を脱しており、1年以内に昨年の史上最高値を超えるだろうと予測した。18日のCNBCの番組『ファストマネー』の中で述べた。

 モアヘッド氏のヘッジファンドは、昨年に2017年にビットコインが2万ドルの最高値を記録したことで2万5000%のリターンを得ている。モアヘッド氏は、6500ドルが底値であり、投資するチャンスの時期だったと述べた。

「急速に成長しているものが200日移動平均線を下回ることはほとんどない。もしそうならば、買いを入れるには絶好の時だ。…そんな機会はめったに訪れるものではない」

 今週初め、モアヘッド氏はパンテラのオフィシャルブログで書簡を公開した。その中で、ビットコインは「年内に2万ドルを超える可能性が高い。…機関投資家のマネーが流入することで市場をより高みに連れて行ってくれるだろう」と書いている。

 モアヘッド氏は、ブログの中で、最近までのビットコインの下落は、米国の納税者による売却が理由の1つだったと指摘した。これはファンドストラットのトム・リー氏の説明と共鳴するものだ。

しかし、彼は、米証券取引委員会(SEC)がICO詐欺を取り締まったニュースについて、市場がネガティブな反応を示していないことを指摘した。

「市場が悪いニュースがあっても上昇していることは、非常に良いサインだ。ネガティブな動きはピークを越え、少なくとも中間底を抜けたということを意味するからだ」

 モアヘッド氏はの強気な見通しは、トム・リー氏が年末までにビットコインが2万5000ドルに達するといった、ほかの強気な予測と一致するものだ。先週には、ベンチャー投資家のティム・ドレイパー氏が2022年までにビットコインが25万ドルまで上昇すると予測している

  • フォローはこちら: