仮想通貨暴落中に金に乗り換える投資家続出

 投資家の関心度でいうと金(ゴールド)と仮想通貨には逆相関関係があるようだ。

 ヨーロッパに拠点を置く金(ゴールド)のオンライン販売会社コインインベストのダニエル・マーバーガー氏が16日、たった1日でのべ30キロのゴールド、約100万ドル相当を売り上げたと語った。ブルームバーグの取材でのべた。 

 ビットコインは同日40%近く下落するなど激しい値動きをみせる中、投資家はより安定した資産を求めたようだ。16~18日の大幅な下落局面で、一部資金が金に流れた可能性がある。

 マーバーガー氏はさらに、金貨の売上が5倍伸びたとブルームバーグに語った。仮想通貨が値崩れを起こしたのと同じ日だ。

 「(16日は)クレイジーな一日だった。仮想通貨から金に資金を移すにはどうすればよいかという顧客からの問い合わせメールと電話が殺到した」と続けた。

 アイルランドにあるゴールドコア社も同じような状況を経験している。顧客が仮想通貨から資金を引きあげ、ここ3カ月間、現物の金(ゴールド)を買っている。

 同社のマーク・オバーン取締役はブルームバーグ宛てのメールで顧客の不安について語った。

 「価格の大幅な上昇がいつまでも続くわけはないと不安になり、神経質になっていると誰もが言っていた。大勢の人が伝統的なリスク回避資産(ゴールド)と比べ、デジタル資産はかなりのハイリスクであることに気付いたのだと思う。

 17年月12月初旬、仮想通貨の価格は史上最高値を記録した。ACGアナリティクスの米国マクロ戦略責任者ラリー・マクドナルド氏はCNBCのインタビューの中で17年11月から12月にかけて投資家たちはビットコインを買うために金(ゴールド)を手放していると語っていた。

 「仮想通貨は確実にゴールドの市場に食い込んでいる。」(マクドナルド氏)

  • フォローはこちら: