世界の電気通信業界のブロックチェーン市場、2024年までに1500億円規模に

世界の電気通信業界におけるブロックチェーン市場は、2024年までに13億3700万ドル(約1500億円)に達する見込みだ。アイルランドのグローバル市場調査リサーチ・アンド・マーケッツが4月2日、プレスリリースで述べた。

公開された報告書、「2024年までの電気通信業界におけるグローバルブロックチェーンの市場予測」で、電気通信業界におけるブロックチェーン技術の活用は、年間成長率(CAGR)77.9%になると予測している。

同報告書によると、電気通信業界においてブロックチェーン技術は、違法行為対策や5G導入に向けてセキュリティの強化が求められ、ハイパーレッジャーやキャリア・ブロックチェーン・スタディグループ(CBSG)といったブロックチェーン関連のコンソーシアムも増加するなか、成長がみられるとされる。

昨年7月には、電気通信業界におけるブロックチェーン市場は今後5年間でほぼ10億ドル(約1100億円)に到達するとのレポートが発表されている。

リサーチ・アンド・マーケッツはまた、世界の仮想通貨ATM市場は2018年の1800万ドル(約20億円)から年間成長率46.6%で2024年までに1億8370万ドル(約200億円)に到達すると予測している。

一方、現在進行しているブロックチェーン関連のプロジェクト数においては、中国が世界をけん引していると伝えられている。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版
原文 Global Blockchain Applications in Telecoms to Generate $1.37 Billion by 2024: Report