ゲーム配信者に仮想通貨でリワード付与、仮想通貨企業リフェリウムがストリーミングサイト「Dライブ」と提携【ニュース】

仮想通貨を使ったゲームマーケティングなどを展開するリフェリウム(Refereum)は、ゲーマーがコンテンツ制作や閲覧と引き換えにリワードをもらえるようにする目的で、分散型ストリーミングプラットフォーム「Dライブ(DLive)」と提携した。11月7日にプレスリリースで発表した。

Dライブはすでにリフェリウムに統合済みで、ユーザーらはリワードの獲得が可能だという。

Dライブのチャールズ・ウェインCEOは以下のように述べた。

「我々のストリーマーに利点をもたらすことが、Dライブチームが常に最優先していることだ。共通のゴールを目指し、最終的にすべてのコンテンツ制作者コミュニティーに利益をもたらす目的でリフェリウムと提携できて嬉しい」

リフェリウムは今年7月、韓国のオンラインゲーム開発会社PUBGコーポレーションとの提携し、ゲーム内での報酬スキーム拡大を目的に、有名ゲーム「PUBG」プレイヤーに仮想通貨を付与するキャンペーンを始めると発表していた。

また今年4月には、ユーチューブの登録者数が世界一のピューディパイ(PewDiePie)がDLiveでコンテンツのライブストリームを開始すると述べていた。

【関連記事:人気ゲームPUBGをプレイすれば仮想通貨獲得 米リフェリウムがゲーム開発会社と提携

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版