バイナンス:1293億円分の独自トークンBNBを1.1秒で転送 手数料は約1.62円 | CZ「未来はここに」

仮想通貨取引所バイナンスは6月26日、独自のブロックチェーン「バイナンス・チェーン」において、約12億ドル(約1293億円)相当のバイナンスコイン(BNB)を手数料0.015ドル(約1.62円)かつ1.1秒で転送した。BNBは同取引所が独自に発行したトークン。仮想通貨取引者間での大規模な取引を報告するプラットフォーム「ホエールアラート」で公開されたデータで明らかになった

26日早く、バイナンスのジャオ・チャンポンCEO(通称CZ)は、大規模な取引を想定すべきと警告。CZは、コールドウォレット上のBNBを複数のアドレスに分割すると説明した。トランザクション(転送)後、CZはそのコストとスピードに関するいくつかのデータをツイッター上で示した

(この取引:手数料は0.015ドルで、1.1秒かかった。また12億ドルの価値が転送された。未来はここにある。 出典: 仮想通貨取引所バイナンス ジャオ・チャンポンCEO公式ツイッターアカウント

転送されたバイナンスコインの正確な数値は、「32,888,888」だった。この数値に関してあるツイッターユーザーが、CZに対して中国の数秘術で「8」が特別視されている点を指摘した。ウィキペディアでは、「(中国において)『8』という数字は縁起の良い数と見なされ、『8』が複数ある状態も非常に幸運だと考えられている」と説明されている。

これに対してCZは、フォロワーに対して変わった説明で答えた

「それはハック(技術的な行為)ではないことを示すものだ。ハッカーはお金を使って幸運な数字を求めたりしない」


翻訳・編集 コインテレグラフ日本版