フランス財務相、「仮想通貨間のトレードには課税しない」

フランスのブルーノ・ル・メール財務相は、仮想通貨間のトレードには税金をかけないと述べた。ブルームバーグが報じた。代わりにフランスは、仮想通貨を「伝統的な」通貨に交換した時に発生する利益に課税をする。

ル・メール財務相は、「我々は、伝統的なマネーに交換した時が税金を算定する最適な時と考える」と発言。また、付加価値税(VAT、日本の消費税)は仮想通貨が資産やサービスなどの購入に使われた時に課せられると話した。

先月末、ポルトガルが仮想通貨の取引と決済について付加価値税(VAT、日本の消費税にあたる)を免除すると発表していた

【関連記事:ポルトガル税務当局、仮想通貨取引と決済は消費税(VAT)を免除と表明

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版