仮想通貨決済サービスのビットペイ、CFOに米ワールドペイの元幹部

大手仮想通貨決済サービスプロバイダーのビットペイは、新たな最高財務責任者(CFO)に、米ワールドペイの元幹部、グレン・ブラガンザ氏を迎える。5月7日に発表されたプレスリリースで明らかになった。

ブラガンザ氏は未公開株や公開市場において15年を超える経験があり、今回ビットペイでは「同社がグローバル金融組織へと成長するにあたり、次の局面において同社事業のサポートをする」としている。

ビットペイのステファン・ペアCEOは、「迅速な消費者取引とグローバル決済の簡素化に向けて本格的にブロックチェーンの力を事業に反映させるうえで、ブラガンザ氏の経験はビットペイにとってキーアドバンテージになる」と述べている。

ブラガンザ氏がCFOを務めた米ワールドペイでは、年間収益4億ドル(440億円)超、決済の取扱量は1500億ドル(約16兆円)超を扱っていたとされる。ブラガンザ氏はまた、2014年にオランダでのグループ事業設立などにも関わったとされる。


翻訳・編集 コインテレグラフ日本版