仮想通貨詐欺で7年2カ月の禁錮刑、価格データ操作や無価値の仮想通貨販売など

米ニュージャージー州在住の44歳の男が、仮想通貨関連の詐欺を働いたとして、7年2カ月の禁錮刑を言い渡された。米司法省が7月1日に発表した。

サンドラ・J・フォイエルシュタイン裁判官は、ブレーク・カンター被告に対し、7年2カ月の禁錮刑と、詐欺被害者らへの資金返還として80万6405ドル(約8700万円)、罰金150万ドル(1億6000万円)、不当な利益への罰金15万3000ドル(約1700万円)の支払いを命じた。

詐欺行為は、バイナリーオプションを提供していた「ブルービットバンク(Blue Bit Banc:BBB)」と名乗る会社を通じて行われていた。バイナリーオプションは証券や通貨などの価格がある時点で上がっているか下がっているかを選択する二者択一方式の投資の一種。しかし、カンター被告はコンピュータプログラムを使用して、同社に有利になるように価格データを操作していた

カンター被告はまた、投資家らにBBB投資で仮想通貨「ATMコイン」を購入するよう説き伏せていた「ATMコイン」は実際には無価値であったのに60万ドル(6500万円)の価値があると言い放っていた。コインマーケットキャップによると、「ATMコイン(ATMC)」と呼ばれる仮想通貨の最終的な価格は2.26ドル(244.08円)。現時点でATMコインの案内ウェブサイトを見ると、クローム上で以下のメッセージが表示される。

「あなたの接続はプライベートではありません。攻撃者がwww.atmcoin.com からあなたの情報(例えば、パスワード、メッセージ、クレジットカードなど)を盗もうとしている可能性があります。もっと知る」

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版