イスラエル警察FBI、ビットコイン決済可能なダークウェブ取り締まりで男逮捕

イスラエル警察と米連邦捜査局(FBI)は、ダークウェブの取り締まりで、少なくとも男2人を逮捕した。イスラエル警察が5月7日にツイートで発表した。ダークウェブ上のマーケットでビットコイン決済が利用されていた。

容疑者2人は30代でテルアビブとアシュドッドで逮捕された。また、同国JPost紙とテッククランチの報道によると、フランス、ドイツ、オランダ、ブラジルでも国外捜査官によって関与が疑われる人物が逮捕されたという。

容疑者が運営していたウエブサイトは「Deep Dot Web」と呼ばれ、麻薬、武器、盗まれたクレジットカードといったものが売買されていた。ダークウェブの手口について警察はツイートで以下のように説明している。

「同サイトのオーナーは、同サイトを通じて販売されるごとに収益が上がる“アフィエイトマーケティング”手法で何百万ドルもかき集めていた。取引決済にはビットコインが使用されていた。イスラエルで逮捕された容疑者2人は拘留期間延長の可能性に関する審問のため裁判所に移送される予定だ」

 

既報の通り、ダークウェブへは、インターネット上で発信者の追跡を困難にする匿名化ソフト「トーア(Tor)」ブラウザなどを通すことで、ユーザーのIPアドレスを偽装、秘匿した状態で検閲をかいくぐりアクセスすることができるとされる。トーアはThe Onion Router(タマネギルーター)の略。


翻訳 ロシアンOLちゃん
14歳の時に来日してから日本が好きになり、日本語の勉強を始める。大学卒業後、商社、PEファンドなどを経て、現在ではブロックチェーン産業に携わり、SNSでロシアや欧州のブロックチェーン、クリプト情報を発信している。

編集 コインテレグラフ日本版