フェイスブックのデービッド・マーカスに不屈の精神 仮想通貨リブラの伝統的な銀行システムに対する優位性を改めて主張

フェイスブックの子会社カリブラのデービッド・マーカスCEOは、SWIFTや中央銀行など伝統的な銀行システムの代わりにブロックチェーン基盤の決済を構築することの重要性を主張した。フェイスブックの仮想通貨リブラに対する逆風がやまない中、改めてその優位性をアピールした。

カリブラは、リブラ専用のウォレット開発を手がける。マーカス氏は、既存の銀行システムは時代遅れで孤立していると批判。分断されたネットワークをそれぞれの銀行が作り、相互に効率的なつながりを持っていないと述べた。

マーカス氏は、このためマネー送金のためには多くの仲介業者を必要となり、コスト高になっていると話した。

一方、同氏はリブラに関して次のように述べた。

「人々は、マネーの送金や受け取りの際に便利さから恩恵を受けるだろう。また、近代のデジタルマネーや金融サービスへのアクセスに対する障壁がなくなり、数十億人がそれらの本質的なサービスと世界経済にアクセスできるようになる」

マーカス氏は先週、スイスメディアのインタビューに答え、中央銀行からの批判に反論し、あくまで2020年にリブラを発行する目標だと語っていた

【関連記事:フェイスブックの仮想通貨リブラ責任者「2020年に立ち上げる」、欧州諸国からの批判でも目標は変えず

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版