仮想通貨イーサリアムの「コンスタンチノープル」ハードフォーク実施は19年1月中旬、開発者らが合意

イーサリアム(ETH)のコア開発者が、長い間待ち望まれていた「コンスタンチノープル」と呼ばれるハードフォークを第708万ブロックで実施することを、今月7日に開かれた隔週の開発者会議で合意した。

今回の新たな取り決めに合意する前、イーサリアム開発者は、10月に実施したテストネット「Ropsten」でのハードフォークの試験運用中に「合意形成に関わる問題」が起きたことにより、19年1月下旬まで「コンスタンチノープル」の実施を延期することを決定していた

イーサリアムに関する情報サイトであるイーサスキャンのデータによると、本記事執筆時点でのETHのブロックタイムは14.3秒であり、ハードフォーク実施までの残りのブロック数は約23万4431個である。これらのことを考慮すると、「コンスタンチノープル」のアップグレードが実施されるのは、本記事執筆時点から約38日後、つまり19年1月14日前後になる可能性がある。

ETH

Ethereum’s last block and blocktime at press time. Source: Etherscan

今度実施されるハードフォーク「コンスタンチノープル」は、コンセンサスアルゴリズムをプルーフ・オブ・ワーク(PoW)からエネルギー効率の良いプルーフ・オブ・ステーク(PoS)へスムーズに移行するため、5つの異なるイーサリアム改善案(EIP)を採用している。

一度アップグレードが実施されると、システム全体のノードが同時にアップデートされることになる。従って、このアップグレードは、イーサリアムブロックチェーンを根本的に変えるものになるはずだ。