仮想通貨イーサリアムのハードフォーク実施は来年に持ち越しか、試験中に異常発生で

仮想通貨イーサリアムが予定しているハードフォーク(※)「コンスタンチノープル(Constantinople)」の試験運用の際に問題が起き、試験用ネットワーク(テストネット)「Ropsten」が「使用不可」になっていたことがわかった。13日、イーサリアム技術に取り組む企業Infuraの公式ツイッターが明かした。同ツイートは、開発者が「Ropsten」以外のテストネットを使うことを促している。

「コンスタンチノープル」は、イーサリアムのネットワーク処理性能をあげるための一種の分岐だ。

複数のイーサリアム開発者によると、イーサリアムのハードフォーク(分岐)は13日、同テストネットの第423万ブロックで実施された。ところが「合意形成に関わる問題」が発生。イーサリアム開発者Afri Schoedon氏が「2018年にコンスタンチノープルの実施はない」と述べる事態に至った。また同氏は翌日、イーサリアム開発者会議で「Ropstenに大きな問題があればコンスタンチノープルを実施することはできないことを確認」しあったとコメントしている

同氏は次回のイーサリアム開発者会議が10月19日であるとTwitterに投稿しており、会議前後も含めて今後の動向が注目される。

イーサリアム価格は先週木曜日に200ドル割れし、現在は195ドル前後で推移している。

 

※イーサリアムは現在までに大規模なハードフォークを3回行っている。初回はFrontier(フロンティア)、二回目はHomestead(ホームステッド)、三回目はMetropolis(メトロポリス)の1段階目であるByzantium(ビザンチウム)で今回触れているコンスタンチノープルはメトロポリスの2段階目の位置づけとなるアップデート。