ジョセフ・ルービン氏、FBの独自仮想通貨リブラを批判「羊の服を着た狼」

仮想通貨イーサリアムの共同創設者ジョセフ・ルービン氏は21日、フェイスブックの独自仮想通貨リブラトークンに対し「非中央集権の羊の服を着た中央集権の狼のようだ」と非難した。テックメディア、クオーツに寄稿した。

ルービン氏はリブラのホワイトペーパーに書かれている「世界中の送金は携帯電話でのメッセージ送信のようにシンプルで安価にすべき」という内容はすでにインターネットで実現しており、「金融インフラは公的利益のためにグローバルに包摂的で、公共財として管理すべきだ」としている内容は公正、公平な社会にとって基本的な内容だと一蹴している。

さらにフェイスブックの「信頼」についても疑問視している。ルービン氏は「人々は非中央集権への信頼を高めている」とし、リブラのユーザーは仮想通貨よりも、通貨バスケットに信頼しなければいけない点が中央集権的であると非難。さらに以下のように指摘した。

「信頼」で最も重要なことは、28社という制限的なメンバーの管理下に置かれるのではなく、Libraが最終的に誰もがネットワークを検証できる、よりパーミッションレスな分散型システムに移行することだ。

一方で、ルービン氏はリブラの長所について、20億以上の仮想通貨ユーザーのUXが向上することになることを認めている。

「才能あるUXデザイナーが仮想通貨を使用するストレスを減らすことになる。秘密鍵やガスの支払い、仮想通貨ブラウザープラグインをインストールすることがワッツアップなどのように簡単になるだろう」

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版