イーサと XRP(リップル)、アクティブなアドレス数で明暗|ビットコインは底探る動き【仮想通貨相場】

昨夜の”大殺戮”の後、現在の仮想通貨相場は下げ止まりの気配を見せている。ビットコイン(BTC)は過去24時間で4%超下落の6617ドルで推移している。

(出典:Coin360 日本時間12月18日午前10時時点)

イーサ(ETH)は年初来でマイナス12%に転じた。現在、122ドル付近で推移している。ただ、コインメトリックスが17日に出したレポートによると、イーサのアクティブなアドレス数は先週比で21.3%も増加した。コインメトリックスは、最近のハードフォーク「イスタンブール」に関連していると指摘している。

XRPは、年初来で50%近い下落幅を記録。約2年半ぶりの低水準で推移している。

コインメトリックスによると、XRP取引数はここ数週間で大幅に増えた後で減少に転じており、アクティブなアドレス数は先週比で13%以上も減った

著名テクニカルアナリストのアレッシオ ・ラスターニ氏は、2020年の注目銘柄にXRPをあげつつも、1.5ドルのサポートを下回ったら「災難」という見通しを示した

【関連記事:XRP(リップル)やネオなど2020年に買い検討の仮想通貨4つ、著名テクニカルアナリストが発表

【関連記事:ビットコインで相次ぐ弱気なクロス さらなる下落は不思議ではない?