仮想通貨イーサ、ハードフォーク後も安定した推移【ニュース】

イーサリアムのハードフォーク「イスタンブール」が906万9000ブロックで実行された。イーサ保有者やネットワークへの影響は報告されておらず、イーサ価格への影響も限定的だ。

(出典:Coin360 日本時間12月9日午前7時25分時点)

イーサリアム創設者のヴィタリック・ブテリン氏によると、イーサリアム上での取引は1秒あたり3000回行えるポテンシャルを持つようになる。また、プライバシーコインのジーキャッシュとの相互互換性を実現してプラバシー強化を目指している。

ハードフォークは、ネットワークの大幅アップグレードであり、正当とみなされるブロックが変更される。分散型システムを保ちながらハードフォークを実現するためには、ネットワーク上で新たなブロック承認のコンセンサスを取る必要があり、イーサリアムの場合はパリティやネザーマインドなど顧客と協調する必要があった。

ハードフォークにもかかわらず、イーサリアムは安定した値動きを続けている。現在は、152ドル付近で推移しており、24時間比で1.39%上昇した。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン