ロシア核施設のスパコン使い仮想通貨ビットコインを不正マイニング、元研究員に罰金刑

ロシアの閉鎖都市サロフにある全ロシア実験物理学研究所(VNIIEhF)で、スーパーコンピューターを用いて仮想通貨ビットコイン(BTC)を不正にマイニングしようとした男性が、45万ルーブル(約75万円)の罰金を科せられた。当初は国家反逆罪での起訴も検討されていた。露報道機関メデューザが9月27日に報じた

サロフ(旧アルザマス16)はソビエト連邦以来の核兵器開発の中枢となっている秘密地域だ。VNIIEhFは旧ソビエトの核兵器に関する最高レベルの研究開発センターにあたり、現在はロシアの国営原子力企業ロスアトムが所有している。

メデューザによると、核研究に従事する研究員が、スーパーコンピューターをインターネットにつなぎ、仮想通貨ビットコイン(BTC)を不正にマイニングしようとしたため、2018年2月に拘束された。その後2019年9月17日、コンピューター情報への不正アクセスと、情報の保存に関する法違反で有罪判決を受けた。当初は国家反逆罪での起訴も検討されていた。なお、さらに2名が裁判所による判決を待っているという。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版