エジプトの仮想通貨関連法案、活動前にライセンス取得を義務付け

エジプトで草案を作成中の新銀行法で、同国で仮想通貨関連の活動を行う際に、事前にライセンスを取得することを義務付けられる内容が盛り込まれることがわかった。同国のオンラインメディアエジプト・インディペンデントが5月28日に報じた。

同紙によると、草案はフィンテックの開発とバンキング、金融サービス分野での新たな技術を活用したアプリケーションとの足並みを揃える狙いがあると指摘。この草案が通過すれば、同国の仮想通貨の取り扱いに関する決定事項や規則確立において、エジプト中央銀行(CBE)理事会に権限を与えることになると報じている。

CBEは昨年12月、コスト削減のため法定通貨「エジプトポンド」をブロックチェーン基盤のデジタル通貨として導入することを検討していると報じられ、「(デジタル通貨導入の)実現可能性についての調査」をしていると述べていた。

【関連記事:エジプト中央銀行 デジタル通貨の実現可能性を調査へ

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版