オランダ中銀「金融システムが崩壊したら世界は金を必要とする」

オランダの中央銀行であるオランダ銀行(DNB)は同行のウェブページに、世界の金融システムが崩壊した場合、法定通貨の価値は金よりも低くなるだろうとの記事を掲載した

13日にソーシャルメディア上で多くリツイートされた同行の記事には「金が金融システムの信頼のアンカーだ」と説明。

「金融システム全体が崩壊した場合、金保有高が担保となる。金は中央銀行のバランスシートに安心感を与える」とした。

一方でビットコインはデジタルゴールドとも呼ばれ、金の代替となるとの声もある。

米マーケット調査会社ファンドストラット代表のトム・リー氏は「もしビットコインがデジタルゴールドであれば、マクロ的に人々が恐怖に陥った時に金の代替となる可能性のある数少ない手段になるだろう」と述べている。

【関連記事:リスク資産であり安全資産でもある?トム・リー、仮想通貨ビットコインに”スーパーポジティブ”な理由を話す

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版