「本来の価値はゼロ」”破滅博士”、次の標的は仮想通貨イーサ【ニュース】

「破滅博士」として知られる経済学者ヌリエル・ルビーニ教授の次のターゲットは、イーサのようだ。

感謝祭前日の27日、ルビーニ教授はツイッターを更新し、イーサの価値はゼロ以下であると述べた。

「仮想通貨アポカリプス:イーサリアムはピークから90%下落し、下げ止まらない。2018年の安値に近づいている。イーサの本来の価値であるゼロからはまだ遠い。いやむしろマイナスがふさわしい。マイニングによって出されるエネルギーの無駄と汚染という有害性を考慮に入れればね」

ルビーニ教授といえば、これまでビットコイン批判の急先鋒として知られてきた。昨年10月の米議会公聴会では、主にビットコインを念頭に「仮想通貨は全ての詐欺とバブルの母」と発言した

また、今年4月に行われたイーサリアム創設者ヴィタリック・ブテリン氏との対談の中で、「仮想通貨は詐欺」や「ビットコインの世界の格差は北朝鮮よりひどい」などと批判していた

【関連記事:仮想通貨イーサリアムのヴィタリックとルビーニ教授 ソウルで直接対決 匿名性めぐり議論白熱 「勝利宣言」も

【関連記事:米ルビーニ教授「仮想通貨は全ての詐欺とバブルの母」ヴィタリックとはツイッターでバトル