分散型ブラウザ「ブレイブ」が日本で人気 アプリランキングで上位に FirefoxやChromeを抜く

分散型ウェブブラウザの「ブレイブ(Brave)」のアンドロイドアプリが、FirefoxやOperaのアプリよりも日本で人気があるとレディット上で話題になった

レディットで投稿された画像はアンドロイドアプリのランキングを提供するAppBrainのスクリーンショット。画像では、ブレイブのアプリが日本の「コミュニケーション」カテゴリーで9位となっており、FirefoxやOperaのアプリよりも上位に位置している。記事執筆時点では、ブレイブのアプリは11位、Firefoxは14位となっている。

グーグルプラスのランキングは、キャッシュレートなど複数のメトリックスで決定される。レディットが投稿した画面キャプチャによると、先月のファイヤーフォックスのダウンロード数は55万3000件だったのに対し、ブレイブは200万件だった。

ブレイブは、ユーザーのインターネットブラウザ体験をトークン化できるという特徴で従来型のウェブブラウザから市場シェアを獲得しようとしている。ブレイブユーザーは、広告を見ることでネイティブトークンのベーシック・アテンション・トークン(BAT)を稼ぐことができ、稼いだトークンをレディットやVimeoといったサイトのコンテンツクリエーターにチップとして送金することができる

先月、ブレイブは、イーサリアム(ETH)やETHベースのトークンをサポートする仮想通貨ウォレットを開発中だと発表している。

【関連記事:広がる”仮想通貨チップ”機能 今度はレディットとVimeoで、ブレイブ

【関連記事:ツイートした人に仮想通貨でチップを払う ブレイブが新機能を発表

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版