仮想通貨XRPで4億ドル相当が違法行為に利用|「大半は正当なトランザクション」=エリプティック調査【ニュース】

金融犯罪防止用ブロッックチェーン監視サービスを展開するエリプティック(Elliptic)が約4億ドル相当のXRPトークンが違法取引に使われていると報告した

プレスリリースの中で「特定した4億ドルの違法行為はXRPトランザクション全体の0.2%。大半は正当なものだった」と明かした。

エリプティックはXRPの調査を1年前から開始。違法行為と関係するとされる数百のXRPアカウントを特定した。エリプティックの共同創立者でチーフサイエンティストのトム・ロビンソン氏は次のように指摘している。

「XRPなどの仮想通貨の犯罪への利用が進んでおり、金融機関が仮想通貨エコシステムに取り組む自信を持てるように、これら違法行為を調査している。XRPは特にアジア太平洋地域での金融機関で取引が増えているようだ」

XRPでの違法行為は多くがポンジスキームなどの詐欺行為に関連したもので、XRPが個人投資家間で人気のために、こうした傾向が現れるという。

12銘柄の取引追跡可能な取引監視ツールを提供

同社はXRPと含む12銘柄の取引監視サポートのベータ版を12月から提供していると発表。トランザクションが違法行為や制裁対象と関連があるかを、クライアントが確認できるシステムを明らかにした。

このシステムではダークウェブの調査やマネーロンダリングのパターンを特定し、XRPアカウントを問題のある対象とリンクできるデータを収集できるという。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン