「赤ん坊のように扱っている」ビットコインETFでSECのピアース氏がSECを再び批判

”クリプトママ”と呼ばれるSEC(米国証券取引委員会)のピアース委員が改めてSECのビットコインETFに対する姿勢を批判した。

フィナンシャル・タイムズによると、ピアース氏は先月のニューヨークでのカンファレンスで、「SECはいまだにETFを個人的な理由で抑制している。まるで赤ん坊かのように扱っている」と発言。その上で、昨年にSECが拒否した起業家ウィンクルボス兄弟のETFを支持すると再び表明した。

ピアース氏は、昨年SECがウィンクルボス兄弟のビットコインETFを拒否したことに対して異を唱える声明文を出していた。当時ピアース氏は、「今回のSECによる法律の解釈と施行は、我々の市場ではイノベーションは歓迎されないという強いシグナルを送ることになる」と懸念していた。

【関連記事:ビットコインETFに希望の兆しか SEC委員がビットコインETF拒否決定に反対

現在、SECは2つのビットコインETFを審査している。

【関連記事:SEC、ビットコインETFの可否判断を延期 仮想通貨資産マネジメントのビットワイズが申請中
【関連記事:SEC、ヴァンエックらのビットコインETFの可否判断を延期|仮想通貨詐欺や価格操作などが依然懸念点