仮想通貨が全面安の展開に:SECのETF決定の延期を受け、BTCは6500ドルに

 ビットコインは7000ドルを超えてに上昇した後、その後わずか6時間で500ドル以上下げた。Coin360をみると、記事執筆時点でテザー(USDT)を除いて全面安となっている。

Market visualization from Coin360

Market visualization from Coin360

 BTCは記事執筆時点で7.77%下げ、6500ドルとなっている。週間での最安値を更新した。今回の急落は、米証券取引委員会(SEC)がビットコイン上場投資信託(ETF)の可否決定を9月末まで延長することを発表した後に起きた。 

Bitcoin’s 24-hour price chart. Source: Cointelegraph Bitcoin Price Index

Bitcoin’s 24-hour price chart. Source: Cointelegraph Bitcoin Price Index

 イーサリアム(ETH)も落ち込んだ。過去24時間で6.64%下落し、377ドル近辺で取引されている。ETHも週間での安値を更新した。月間で見ると23%下落している。

Ethereum’s 7-day price chart. Source: Cointelegraph Ethereum Price Index

Ethereum’s 7-day price chart. Source: Cointelegraph Ethereum Price Index

 時価総額上位10位の仮想通貨はすべて下落しており、4~12%下がった。記事執筆時点ではIOTAが8.52%下落、リップルが11.46%下落、ライトコインが8.5%下落した。

 時価総額上位20種の仮想通貨で見ると、イーサリアムクラシック(ETC)は13%以上下落し、足元では17.02ドルで取引されている。ETCは7日、仮想通貨取引所コインベースの「コインベールPro」プラットフォームに追加されたばかりだった。6日には仮想通貨取引プラットフォームのロビンフッドにも上場した

Ethereum Classic’s 1-day price chart. Source: CoinMarketCap

Ethereum Classic’s 1-day price chart. Source: CoinMarketCap

 仮想通貨全体の時価総額は現在2367億ドル。過去24時間で150億ドル減少した。

1-day chart of the total market capitalization of all cryptocurrencies from CoinMarketCap

1-day chart of the total market capitalization of all cryptocurrencies from CoinMarketCap