仮想通貨市場は堅調、ビットコインは7000ドル、イーサは500ドル付近に

 仮想通貨市場は8日、強く上昇している。コイン360を見ると、ビットコインは7000ドルに迫り、記事執筆時点でほぼ全てのコインが上昇を意味する緑色になっている。市場は6月下旬の反発から一週間を超えて地固めを経験した後、本日になりより高いレジスタンスに向かって上場しているようだ。

 

Market visualization from Coin360

Market visualization from Coin360

 ビットコインは6752ドルで取引されている。過去24時間で3%上昇した。一週間の伸び率は6〜7%。時間単位で見ると、1時間で3.5%上昇の230ドル上昇した時間帯もあった。Bitcoin price chart

Bitcoin price chart. Source: Cointelegraph Bitcoin Price Index

 イーサリアムは489ドルで取引されており、5%上昇した。一週間の伸び率はおよそ9%。日中高値は492.56ドルで、500ドルに迫る勢いだった。

Ethereum price chart

Ethereum price chart. Source: Cointelegraph Ethereum Price Index

 コインマーケットキャップの上位10通貨のうち、全てが緑色を示しており、伸び率は2〜7%だ。過去24時間で最も伸びたのはIOTAで、7%増の1.12ドルで取引されている。ビットコインキャッシュは5%増の766ドルだ。

 仮想通貨市場全体の時価総額は2766億ドル(約30兆5500億円)となっている。

Total market capitalization

Total market capitalization of all cryptocurrencies from CoinMarketCap

 最近は仮想通貨の価格を押し上げるようなポジティブなニュースが多かった。フェイスブックで3年間エンジニア・ディレクターを務めた人物が、最近設立された同社のブロックチェーン部門に異動したのもその一つ だ。

 ウィンクルボス兄弟のジェミニ取引所はニューヨーク証券取引所(NYSE)のロバート・コーンCIOを同取引所初のCTOとして引き抜いた

 また、韓国でも良いニュースがあった。仮想通貨に対する厳しい姿勢を緩和し、仮想通貨に関する統一されたルールを当局らでまとめ、より広範なブロックチェーン領域を包摂するというものだ。

 取引所大手フォビも市場の上昇に貢献した。米国ベースの新しい戦略的パートナーの取引プラットフォームでの登録を6日に開始した。5日には、豪本拠のプラットフォームで取引を開始し、その以前はロンドン拠点のオフィスを開所している。

 また、バイナンスCEOのCZは今年の同取引所の純利益が10億ドルに達するとする予想を述べている