取引所フォビ、9300万ドルの中韓向けブロックチェーンファンド設立

 取引高ベースで世界第3位の仮想通貨取引所フォビが、9300万ドル規模のブロックチェーン企業向け投資ファンドを立ち上げた。中金投Ⅹが1日に報じた

 中国の投資会社ニューマージン・キャピタルと韓国の証券会社キウム証券と、中韓のブロックチェーン関連新興企業に投資する。韓国の未来アセット・フィナンシャルグループもこのファンドに投資家として加わる予定という。

 最近では、世界最大の仮想通貨取引所でありフォビの競合でもあるバイナンスが、ブロックチェーン・仮想通貨関連企業を支援するために、仮想通貨ベースの10億ドル(約1095億円)規模のファンドを作る独自の計画を明らかにしている。バイナンスの既存の起業支援機関である「バイナンスラボ」は、既に4つのブロックチェーン関連プロジェクトを支援済み。その中でも最近では4月に、匿名性に力を入れたアルトコインであるモバイルコインへの3000万ドルの資金調達ラウンドに出資した

 フォビはまた、仮想通貨ベースの上場投資信託(ETF)を立ち上げた。このETFは、同取引所でテザーと取引される上位10種のデジタル資産を追跡する、同社が最近始めた市場指数に基づいている。シンガポールに本社を置くフォビは最近、韓国に子会社を作っており、ロンドンとサンフランシスコにオフィスを開く計画も明らかにしている。
当記事公開日のフォビでの24時間の取引高は、12億7000万ドル付近となっている。