仮想通貨取引所ジェミナイ BTの巨大クラウドコミュニティーに参加 機関投資家の参入加速か

起業家ウィンクルボス兄弟が創業した仮想通貨取引所ジェミナイがBTのRadianz Cloud(ラディアンツ・クラウド)に加わったことが27日に明らかになった。イギリス最大の電気通信事業者BT(ブリティッシュ・テレコミュニケーションズ)のネットワークと繋がることで、仮想通貨業界にさらなる機関投資家を呼び込むきっかけ位になるかもしれない。

BTラディアンツ・クラウドは、「世界で最も大きく安全な金融クラウドコミュニティーの一つ」。金融業界のサービスプロバイダが、「クライアントや取引先に対してサービスやアプリケーションを素早く簡単に提供」し、「世界中で何万人ものメンバーを擁する広範なユーザーコミュニティへのアクセスを可能にする」という

ジェミナイが加わることで、BTラディアンツ・クラウドのメンバーは、ジェミナイを通して仮想通貨市場へのアクセスが可能になるそうだ。

BTラディアンツ・クラウドのコミュニティーには、数千のブローカー、企業、取引所、クリアリングハウスなどが所属。ラディアンツ・クラウドは50カ国以上で使われているという。

ジェミナイのCIOであるニック・ヴィジェ氏は、ジェミナイと機関投資家のつながりを強めるだろうと歓迎。BTラディアンツのマネージングディレクターであるマイケル・ウッドマン氏は、「世界の金融機関は、取引するにあたりインフラの安全性や耐久力、パフォーマンスについて、かなり細かい要求をする」と述べた。