仮想通貨ウォレットのクリプトペイ、英ポンド送金サービスの提供開始 仮想通貨ユーザーにメリットと強調

仮想通貨ウォレットおよびデビッドカードサービスを手掛けるのクリプトペイは、英国の即時振込サービス「ファースター・ペイメンツ」を通じて、英ポンド(GBP)での送金サービスの提供を開始した。10月9日に発表した。

今回の対応で英国拠点のユーザーがユーロに換金せずに英ポンドで出金できるようになった。さらに仮想通貨ユーザーにとってメリットがあると付け加える。

「アクティベーションを行うと、ユーザーが独自のソートコードと口座番号を取得する。つまり、移行において、クリプトペイではなく口座保持者の名前を有する。一部の銀行が仮想通貨関連の取引をブロックして資金が引き出されない状態になる可能性を考えると、これは非常に重要なこととなる

同社は最近、欧州のカード事業に取り組んでおり、ロシアでプリペイドカードの発行をすでに開始している。今年末までに、ERC-20トークンウォレットやビットコイン(BTC)仲介、ビットコイン銀行口座などの複数のサービスの公開を予定している。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版