モナコイン(MONA)が急上昇 仮想通貨相場はほぼ全面安

26日の仮想通貨相場はリップル(XRP)などを除いてほぼ全面安の展開が続いているが、仮想通貨モナコイン(MONA)は過去24時間で10%近く上昇している。

 

(引用元:CoinMarketCap)

モナコインに関しては、国内最大手の仮想通貨取引所ビットフライヤーが25日の午後3時~5時に脆弱性の修正を目的としたアップデートに伴うメンテナンスを実施していた。金融庁に登録済みの国内取引所でモナコインが上場しているのは、ビットフライヤー、Zaif、フィスコ仮想通貨取引所とビットトレードだ。

Zaifは先週、ハッキングによりモナコインを含む約70億円相当の仮想通貨を消失させた。モナコインの被害額は623万6810.1モナコイン、18日時点のレートで約6億7000万だったという。金融庁は25日、発生原因の究明や顧客への対応などが不十分だったとしてテックビューロに対して業務改善命令を出した

モナコインは、2013年12月に2チャンネルで公開された仮想通貨。同チャンネルでよく使われるキャラクター「モナー」が由来だ。