北京科技大学教授「ブロックチェーンは知的財産分野でもポテンシャルを秘めている」

中国北京市海淀区に位置する北京科技大学文法学部の徐家力(シュー・ジャリ)教授は、「知的財産保護に最も適しているのはブロックチェーン」とのべた。経済参考報が伝えた

同教授は「ブロックチェーンが、何万人にも及ぶ審査官の代わりに知財権審査ができると信じている。中国商標局(CTMO)の商標審査は、手順と作業が考えられないぐらい煩雑。ブロックチェーンを利用することでこれを効率化できる」としている。