コインチェック、2017年にエアドロップで取得した仮想通貨ステラを付与へ【ニュース】

コインチェックは2017年にエアドロップ(無料配布)で受け取った仮想通貨ステラ2800万XLMを利用者に付与する。12日にステラを上場させたことを受けて発表した

2017年6月にコインチェックは、XLMを発行するステラ開発財団からエアドロップで2800万XLM(約2億4000万円)を受け取った。今回ステラ上場を受けて、2020年中に利用者に付与する予定。

対象者は、2017年6月時点でコインチェックでビットコインを保有していた利用者(2017年06月26日午前9時12分01秒時点)だ。2つの条件をクリアする必要がある。

  1. 配布対象時点でCoincheckの「取引アカウント」「貸仮想通貨アカウント」「決済アカウント」においてビットコインを保有している
     
  2. 付与実施時点で当該アカウントが通常通り利用いただける状態となっている

【関連記事:想通貨ステラ、コインチェックに上場 |期待感から価格は急騰