中国人民銀行のブロックチェーン貿易金融プラットフォーム、取引処理額が1兆円超え【ニュース】

中国人民銀行が運営するブロックチェーン基盤の貿易金融プラットフォームは、10月31日時点で約750億元(約1兆1500億円)の取引を決済処理した。中国の新華社が10月31日に伝えた。今年7月はじめの報道時は300億元だったことから、約4か月で倍以上に増えたことになる。

このプラットフォームは、貿易金融における決済処理やクロスボーダーの資金調達、関税記録などを担うもの。報道によれば、既に5000件以上の決済処理が行われた。

現在、このプラットフォームは中国深圳で試験運用されている。10月31日時点で、プラットフォームには29の銀行と1800以上の企業が参加している。参加する銀行や企業はさらに増える予定だとしている。

取引を行った企業がクロスボーダー決済に関するデータをブロックチェーンに記録するとともに、人民銀行(為替管理部門)と各行がリアルタイムで情報を取得しトレースする。

「複数部門間にわたる紙の書類ベースのやり取り」、「複数部門による手作業による書類内容検証」といったものを排除することで、コスト削減につながると期待されている。

【関連記事:中国人民銀行、ブロックチェーン基盤の貿易金融プラットフォームで約4741億円の外国為替取引を処理