中国のブロックチェーン投資額、2019年は40%超マイナス【ニュース】

中国のブロックチェーン投資関連額が2019年に前年比で40%以上も下がった。新華社通信と金融データを手がけるリーノ・データの共同調査から明らかになった

2019年のブロックチェーン投資額合計は244億元(約3960億円)。2018年と比べて40.8%下がった。また、投資やディールの件数は245件で60%近く下がった。

China’s blockchain investment spending from 2014 to 2019

(出典:Xinhua「中国のブロックチェーン投資額(2014~2019年)」)

2019年は、シリーズAラウンドのような初期の投資フェーズが多く、全体の43.3%を占めた。一方、戦略的な投資やM&Aは2019年後半に急増した。北京と深セン、杭州が最も大きなブロックチェーンプロジェクトをひきつけている。

昨年10月末、中国の習近平国家首席がブロックチェーンを国家戦略の中核に据えると発言。ブロックチェーンに対する中国の投資熱が一気に高まった。2019年の投資額が減少したのは予想外だろう。

【関連記事:止まらないビットコイン、一気に1万ドル突破 「ありがとう中国」の声も

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン