チリ エネルギー供給網にブロックチェーン導入

 チリの国家エネルギー委員会(CNE)は、今月中にも国家エネルギー供給網にブロックチェーン技術を導入する計画を明らかにした。CNEが公開している情報は改ざんしていないことを明示し、投資を呼び込みやすくするのが狙い。業界紙pv magazineが伝えた

 CNEのアンドレス・ロメロ委員長によると、ブロックチェーンをデジタル公証人として利用し、限界費用や平均市場価格、燃料価格、再生可能エネルギー法の順守といった情報の正当性を証明する考えだ。

 エネルギー業界におけるブロックチェーンの利用は、エネルギー情報の配信を手がけるS&Pグローバルプラッツ社や再生可能エネルギー取引プラットフォームのWePower(ウィーパワー)などがある。プラッツ社はアラブ首長国連邦(UAE)の石油情報の報告に独自のブロックチェーンを活用する計画で、WePowerはメーターのデータと供給網、高機能分析を統合したスマートメーターシステムを構築するのに利用する。

 

  • フォローはこちら: