カナダのビットコインファンド、投資信託の地位獲得

 カナダの仮想通貨・ブロックチェーンへの投資会社であるファースト・ブロック・キャピタルは10日、主力商品のFBCビットコイン・トラストが投資信託のステータスを取得したと発表した。これにより、適格投資家は、キャピタルゲインが非課税になる課税免除預金アカウント(TFSA)や退職金貯蓄プラン(RRSP)内で運用できるようになった。

 カナダには適格投資家には複数の種類がある。その一部には、証券監督当局によってアドバイザーまたはディーラーとして登録された個人、税引き前に100万ドルを超える金額の金融資産を所有している人、直近2年間で、税引き前の純利益が20万ドルまたは30万ドルを超えた人などがいる。

 プレスリリースによると、FBCビットコイン・トラストは、分散型の自己規制仮想通貨決済システムであるNEOコネクトで購入可能だ。投資顧問業者は、ETFを売買するのと同様に、FBCビットコイン・トラストを、適格投資家の顧客のために購入し、償還することができる。ファースト・ブロックは、投資家の大多数が最初の1か月以内に資金を移動すると予測しているという。ファーストブロックの共同創設者兼最高投資責任者のMarc van der Chijs氏は次のように述べた。

「私たちの目標は、デジタル通貨資産クラスへの投資をより身近にすることだ。ユニット保有者は、政府が支援する税制上の優遇を受けられる制度に資金を置くことが可能になり、NEOコネクトを通じて日々の流動性を提供することによって、このゴールに一歩近づいた。NEOコネクトは急速に成長している、ディーラーネットワークを持つディストリビューションプラットフォームだ」