カナダの起業家「ビットコインキャッシュは詐欺」、議会証言で

 ビットコイン(BTC)のテック起業家ジョナサン・ハーメル氏が19日、カナダ庶民院の金融基準委員会に出席し、「細心の注意を払うべきだ。Bキャッシュ[ビットコインキャッシュ(BCH)]などの他の仮想通貨は紛れもなく詐欺」と宣言した

 ハーメル氏はまずTwitterで、議会で仮想通貨について証言に立つことを投稿した。この投稿ではBCHについては触れていなかった:

 (今日、庶民院金融基準委員会に出席して、カナダがどのようにしてビットコイン業界のリーダーになり、なぜ過度の規制がブロックチェーン界のイノベーションをスローダウンさせることになるのかを説明する)

 しかしハーメル氏はその後、仮想通貨の証言を行う前にRedditに投稿し、こう書いた:「台無しにする:「Bキャッシュは詐欺」と言うつもりだ。発言は議会記録に永遠に残ることになる(ブロックチェーンにではないが、それでも...)寄付は大歓迎」投稿には仮想通貨ウォレットのアドレスと、ビットコイン柄の自身の靴下の写真が続いた。

 ハーメル氏の投稿は、Redditコミュニティー内からの反発コメントで炎上した。ユーザーの中には、投稿の中に(ユーモアのつもりではあるが)寄付の依頼を含めたのは、倫理的な境界を超えていると考える者もいる。RedditユーザーのTheGreatMuffin氏はこう書いている

 「政府のヒアリングが行われる中、発言に寄付の依頼を含めたことで、あなたの話全体の専門的見解[の信頼性]が、聴取者やメディアの目には多少なりとも損なわれて映るだろう..ここではみんなが見ていることを分かっている?

 率直な意見は評価するが、政府ヒアリングに対する発言に関し、公開フォーラムで寄付の依頼をするとは、まったくもって賢いやり方ではない」

 昨年8月に有名な分岐(フォーク)をしたビットコインとビットコインキャッシュの間の論争は、ロジャー・バー氏のような仮想通貨界のカリスマにより喧伝され、今年2月下旬にビットコインの取引手数料がビットコインキャッシュの価格以下まで下がった時、頂点に達した。低い手数料は、ビットコインキャッシュがビットコインに優る、主なメリットの1つとされていた。

 Redditユーザーのambivalentasf***氏は、BTC対BCHの論争について、Redditの前述のコメントに、このような見方を付け加えている

 「政府機関が合法的な技術と本物の詐欺を区別しようとしている事実はともかく、ビットコインが適法であるのに対し、Bキャッシュ自体が『詐欺』と、はっきり区別されるものではない。ビットコインもBキャッシュも、資金力のある悪者の影響を受けやすく、その結果[として詐欺]が生じるのだ。

 ロジャー・バーらの言動の動機となっている前提は正しいのかもしれないが、もし政府にビットコインの分岐チェーンを詐欺と認めさせようとするならば、Bキャッシュの分岐元となる技術が、どのように評価されることになると考えているのだろうか?

 ポイントは、ビットコイン同様、Bキャッシュのプロトコルにも本来、『詐欺』とされるような性質は何もないということだ」