ドイツ第2位の証券取引所、デジタル取引所「BSDEX」を公開 ユーロと仮想通貨ビットコインの取引提供

ドイツ第2位の証券取引所ベールゼ・シュトゥットガルト・グループは、ベールゼ・シュトゥットガル・デジタル取引所(BSDEX)を公開した。9月23日に発表した。ドイツ銀行法のもとに規制された取引所で、ユーロとビットコイン(BTC)ペアを取引できる。

BSDEXは、他のリテールや機関投資家向けに段階的に取引場所を増やす予定で、最終的にはEU全域に広げる方針だとし、ダーク・ストゥルツCEOは以下のように述べている。

「仮想通貨市場は数十億の価値があり、さらなる仮想通貨がブロックチェーン基盤に現れる。我々のゴールは、こういった資産向けの欧州を先導する取引場所を構築することだ」

外部の銀行パートナーとしてソラリスバンクと連携し、ユーロ決済の処理や法定通貨向けカストディサービスを提供する。昨年12月にベールゼ・シュトゥットガルトはソラリスバンクとの提携を発表していた

ベールゼ・シュトゥットガルト・グループは今年2月、仮想通貨トレーディングアプリBison(バイソン)を正式に立ち上げたと発表していた。

【関連記事:ドイツ2位の証券取引所とソラリスバンクが提携

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版