ブロックチェーン活用したジャーナリズム・プラットフォーム「シビル」がスタート ジャーナリズムの信頼向上目指す

ブロックチェーンベースのジャーナリズムネットワークを手掛けるベンチャー企業シビル(Civil)は6日、そのプラットフォームをローンチした。3月1日に詳細をブログで発表した。ブロックチェーン技術を使い、ジャーナリズムの信頼向上を目指す。

シビルは、独立したジャーナリズムのためのコミュニティプラットフォームだ。ジャーナリズムを支援するためのオルタナティブなモデルを確立することを目指している。プラットフォームのエコシステムをサポートするため、独自の仮想通貨CVLトークンが存在する(発行量は1億CVLに制限されている)。このトークンを発行することで、ファイナンスの持続可能性を提供し、ジャーナリズムへの信頼性向上が目的だ。

プラットフォームは3月6日からスタートし、ニュースの配信者(シビル上では「ニュースルーム」といわれる)とコミュニティの参加者が登録できる。シビルのプラットフォーム上で投票権を持つCVLトークンを購入し、コミュニティに参加する。3400万のCVLトークンは、6日時点で1CVLあたり0.20ドルとしてある。この価格は0.94ドルを上限に変動していくという。

シビルのプラットフォームには6日から100のニュース配信者が参加。コミュニティに参加する読者は、CVLトークンが持つ投票権を使い、信頼できるニュース配信者を評価したり、あるいは非倫理的なコンテンツ配信者に異議申し立てができるようになる。

シビルによれば、CVLトークンによる収入はジャーナリズムを支援するシビルファンデーションに提供されるという。

シビルは昨年10月にトークンセールを行ったが、目標とした調達額の8万ドルに届かず、シビルはトークンセールの参加者に調達した143万ドルを返金することになった。その後、12月にシビルはトークン販売に目標を設定せず、2月にサービスを開始すると発表していた

シビルはイーサリアム開発企業のコンセンシスが支援しているほか、昨年8月にはAP通信と提携。AP通信のコンテンツをシビルのプラットフォーム上で配信できるよう、両者が取り組むとしていた。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版
原文 Blockchain-Based Journalism Platform Civil Launches