XapoのカサーレスCEO曰く―”ビットコインは10年で100万ドルに到達する”

スイスに拠点を置くウォレットサービスを提供している企業、Xapoのウェンセス・カサーレスCEOは、ニューヨークで開かれたカンファレンス2017の中で、ビットコインの価格に対して最も強気の発言をした内の一人だ。

カサーレス氏はカンファレンスの中で、10年でビットコインは100万ドルに到達するだろうと述べ、会場の出席者たちを驚かせた。

ビットコインの価格予想は、それぞれ段階的に、1,200ドル、1,600ドル、1,800ドル、そして最近では2,000ドルと壁を打ち破っていくに連れ、ここ数ヶ月ますます大胆なものになっている。

4月には、Blockchain CEO、ピーター・スミス氏がSnapchatへ投資したことで有名な投資家ジェレミー・レイ氏と会談し、2030年までに1BTC、50万ドルに到達すると発言していた。当時、ビットコインは1,170ドル付近をマークしており、現在の価格の約半分だった。

「我々は、ビットコインの高い流動性と、送信の手軽さ、市場における継続的なパフォーマンスに期待しています。地政学的リスクが高まるに連れ、ビットコインは消費者や投資家レベルで投資すべき強力な候補と成り得るでしょう。」と、2人はビジネス・インサイダーのインタビューで語っている。

同月には、市場の優れたパフォーマンスについて、多くの人が語っている。

メディアもまた、ビットコインを賞賛し始めており、CNBCは、”新たな金(ゴールド)”の登場として取り上げ、ビットコインの特徴的な特性を活かし、投資利益を得られるとして番組内で紹介している。

  • フォローはこちら: