Bitcoin Unlimitedとハードフォーク―その対策、または(静観)

ビットコインのスケーリングについての議論は益々加熱してきている。数年に渡って続いている論争は残り数週間でターニングポイントを迎えそうだ。Bitcoin Unlimitedのプロポーザルがネットワーク全体のハッシュパワーのうち、37%以上という前例のない高さに到達したことで、ビットコインの議論を呼んできたハードフォークの問題、特にネットワークにおける過半数の総合意なしにハードフォークが実行される可能性が現実味を帯びてきている。

コミュニティ内の誰もが思う最も重要な問題は、"フォーク後、損失を最小限に抑えるためにはどうすればよいのか?"ということになりつつあり、それがまさに私がこの記事の中で見つけたい答えである。しかしまず初めに、既に在るものから軽く見直していこうと思う。

西部戦線異状なし

ビットコインのスケーリングに関する議論の始まりは、遡ること2014年から2015年に始まる。当時、ビットコインコミュニティ全体がネットワークにおける取引のキャパシティに限界があるという事実に着目し始めていた。その限界とは、多くの場合、秒間7つのトランザクションしか処理できないということと、潤沢で巨大なユーザーベースを考えると、それでは余りにも遅くすぎるということの2つを指す。

恐怖心による正当化: 2年後、ビットコイン・ネットワークは明らかに急速に成長する利用者に求められる取引の頻度をコントロールすることが出来なくなる。ユーザーは過去数カ月に渡り、驚くべきウェイトタイムを経験してきた―メモリプール―つまり、未認証のトランザクションのバッファ―をほぼ毎週記録更新し続けていたのだ。

ユーザーベースの技術的な成長の継続を可能にするために、どうにかしてビットコインが調整されなければならない、という意見に対する反論はコミュニティには存在しない。議論が分かれているポイント―そして、ここで重要な最も議論されている部分―それは実行される方法なのである。

今日スケーリング問題を解決することが期待されている主なソリューションは、Segregated Witness(SegWit)とBitcoin Unlimited(BU)の2つだ。どちらも既にソフトウェア開発は終了しているが、案が採用されるためにはマイナーから過半数の支持を得る必要がある。それはつまり、両アップデートが異なる理由でそれぞれの反対意見を言っているおかげで、実行がとても難しくなっているということだ。

元々は2つのライバル的関係にある技術間の競争という形を取っていたのだが―ここに来てそれだけではなくなってきている。しかしながら、技術的観点から見るとどちらも完璧ではないようだ。どちらも決定的な、本問題における優位性を示すことに失敗しているからだ。

技術的なコンセンサスが得ることが難しいかもしれないと明らかになった後、その衝突は非常に政治的なものとなった。関係する意思決定者の多くが毅然とした態度で望んでおり、いかなる状況においても断固として引かんとした意思を表明している。

スケーリング問題の政治的側面を示している明らかな一例として、Reddit.comのプラットフォーム上の/r/Bitcoinと、/r/btcのスレッドで互いが激しく対立しているという点が挙げられる。

/r/btcのコミュニティは、SegWitやBUのサポートに強いネガティブな批判を行ったとしてスレッドから追放されたメンバーにより/r/Bitcoinの主張に対立する形で作成された。今日、どちらのページも、お互いの愚かさと、未熟さ、そしてプロパガンダを糾弾する内容で溢れかえっている。

こういった一連のスケーリングに関する議論が行われている状況は、かなり混沌とした状態に見えるが、それはRedditに限られたことではない。

Twitterも、コミュニティ内における両陣営の著名人同士が舌戦を行う戦場と化しており、間接的には互いの強い意見を主張し合う泥試合が繰り広げられている。

最近の、Bitcoin Unlimitedのコード内にバグが発見されたというニュースが話題になって以後も、この論争が鎮静化される気配はなく、このバグによって、マイナーたちは20万ドルの負担を余儀なくされ、開発者たちの怠惰が発覚したことで、業界内には未だ不穏な空気が漂っている状況だ。BUのソフトウェアの欠陥が見つかったのはこれが初めてではなく、そしてこれで最後ということわけではないだろうとも言われている。BUが本当に世に出る段階に達しているかどうかに関する疑問は、すべてこれらのバグによって答えが出された形だ。

しかし、こういった疑いからマイナーたちがマイニングを止める、ということには繋がらなかったようで、ネットワークのハッシュレートだけを見ると、筆者がこの記事を書いている段階で37.2%と高い支持率を示しており、Bitcoin Unlimitedは現在最も好意的なプロポーザルの1つとなっている。もしこの数字が50%以上の過半数に達すれば、競合するハードフォークが実行される可能性は考えにくい。つまり、BUに切り替えて前進したいと考えるマイナーたちに、対するコミュニティの残りの人間は基本的に追従を余儀なくされる可能性が高いということだ。

現在、フォークによって引き起こされる可能性のある様々なシナリオが想定されているが、その全てをここに書き記すことは、この記事の範疇を越えている。読者がもし興味があるのであれば、是非、この素晴らしい記事を一読願いたい。すばらしい文量で、様々な本件に関するシナリオが書き記されている。

BUによるハードフォークを実行することが懸命かどうか、その判断は優れたコミュニティ内の専門家たちに任せよう。我々が答えなければならない疑問は、ハードフォークによって分裂が起き、マイナーがそれに従う形となった場合、資産へのダメージを最小限に抑えるためには、平均的な一般ビットコインユーザーはどうするべきかということだ。

一般ユーザー向け緊急対策

ネットワークの分裂がビットコインユーザーに影響に及ぼす可能性のあるものは、主に、リプレイ攻撃と呼ばれるものと、コイン自体の価値、の2つがある。したがって、ハードフォークが行われる前に、そしてハードフォークが実行されたらすぐに対応できるよう、不測の事態に備えて資産を守るためにいくつか対策をしておく必要がある。

まずは、リプレイ攻撃についてだ。これは、2つのブロックチェーンがお互いにまだ似通っている段階で、新しく分岐したネットワークに対して行われる攻撃の一種だ。これにより、誰かがビットコインを送信した際に、別のブロックチェーン上に同じトランザクションを複製することが出来てしまう―今回はBitcoin Unlimitedがそうだ―そしてそれが今ネットワーク上で承認されようとしている、ということだ。

つまるところ、分岐後にたった1回送金を行っただけで、利用者は知らずのうち、意図せずに資産を失ってしまう可能性があるということだ。これを防ぐためには、業界内のエキスパートたちの大半が、ソフトウェアの脆弱性が修正されたと確認し明言するまで、分岐後のブロックチェーン上で如何なる取引も一切行わないということが大切だ。

他には、オンライン取引所や、PC上に保管されているウォレットなど、引き出しが行える資産に紐付いたプライベートキーを常にコントロール下に置いておくということが挙げられる。

まさにビットコインが生まれた目的と言えるものの1つが、完全なる自身の資産の支配権をユーザーに与える、ということだ。

取引所やウェブウォレットサービスなど、読者が信頼できると考えている相手であっても、その支配権を第三者に委任すれば、不必要なリスクを負うことになってしまう。そういったリスクを現在のような激しいハードフォーク論争が行われている時期に負うことは馬鹿げている。

事実、上記のような対策は、今の時期に限らずいつでも応用可能だ。JaxxのCEO兼創設者、Anthony Di Iorio氏は次のように語っている―

「最も重要なことは、ユーザーが資産に紐づいたプライベートキーを自らの管理下に置くということです。丁度イーサリアムの時と同じように、我々はフォークが起こった直後イーサリアム・クラシックをサポートしませんでしたが、ユーザーはJaxxと共同でキーを管理していたため、ETCを導入した後、資産にアクセスすることができるようになりました。もし、ユーザーが自分たちのキーを管理できないような取引所やウォレットサービスを彼らが利用していたとしたら、キーを所有する企業に決定権を預け、慈悲を乞うことになります」

2つめの危険は、ビットコインのボラティリティによるものだ。ハードフォークが起こったその瞬間、ビットコインを所持する全員が、新しいブロックチェーン上で保持金額に相当する新たなビットコインを受け取ることになる―これは事実上、その一瞬、流通量が倍になるということだ。何故なら、両方のブロックチェーン上のすべての記録はフォークの時点まで同じものだからだ。

2組のコインが現れて、片方は将来性がないから要らない、そう考える人もいるだろう。これはより多くの人のパニックを陥らせ、また―彼らが予想するように―価格が激しく落ちる前に売ろうと考える人が出てくるはずだ。投機家たちはそういった混乱を利用し、短い期間で利益を得ようとするに違いない。そういった動機によって不安定性やボラティリティが市場に多く生まれ、ハードフォークが行われた後、しばらくの間続く可能性がある。

こういった条件下で、最もリスクを少なくするための戦略としては、どちらのチェーン上のコインもホールドし続け、ただ待つ、という選択肢だ。どちらがより成功するのか予測するのは不可能な上、どちらかに寄ったとしても、間違った方を選べば大きな損失を負うことになってしまう。より安全な解決策としては市場の成り行きを見守ることだ、どちらが市場のトップに立ち、先へ向かっていくのか―。

言い換えれば、本当にビットコインが最終的に成功すると考えているのであれば、最良の賭けは、ホールドし続けるということだ。フォークによって短期的にどんなに悲惨な結果になったとしても、コミュニティが最終的に判断を下すことだろう、既に行われているように。

Blockchain WorkspaceのBas Wisselink氏は次のように語っている―

「こういった混沌とした時期においても、過去最大のゲーム理論的実験の最中に我々はいるということを忘れないで下さい。この主導権争いは、完全な分散型のエコシステムの中に存在しています。酷くストレスが溜まるかもしれません、しかし、他方の選択肢は、一部が中央集権的に率いられるハイブリッド型のものです。これは一つの選択なのです、今我々が目撃しようとしているのは、何もおかしなことではないのです。一般的な主導者を持たない中で価値あるシステムが実行されている、その中で何かを変えるのであれば、これは必然です」