仮想通貨ビットコインのライトニング決済、アマゾン、スターバックス、ウーバーなどで可能に 米スタートアップが仕掛ける

米国の決済スタートアップ「フォールド(Fold)」が、アマゾン、スターバックス、ウーバーなどでビットコインのライトニングネットワーク(LN)決済を可能にする仕組みを開発した。

発表によると、参加小売店は、フォールドのプレペードプログラムを使えばライトニング決済をすることができるようになる。利用者は、フォールドのサイトに言って決済を行う小売店を選択し、ライトニングウォレットを使って請求額を払う。

フォールドは、ライトニングが決済体験に革命を起こすことの重要性を認識する一方、他と差別化を図るために以下のように宣言した。

KYC(顧客確認)なし、強制的なサインアップなし、隠れた利益なし、アルトコインなし、完全にノン・カストディアル(資産管理なし)。フォールドは、ビットコイン本来の使われ方を守る

参加小売店は、アマゾン、スターバックス、ウーバーのほか、ホームデポ、ターゲット、ホールフーズなど錚々たる顔ぶれとなっている。

ライトニングネットワークはビットコインのセカンドレイヤーソリューションで、少額決済の実施や手数料削減、取引スピードの改善のほか、プライバシー保護も期待されている。

【関連記事:ライトニング論争の隠れたテーマ ビットコインの本当の優位性はどこに?【令和と仮想通貨 Vol.3

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版