避難通貨として機能か 仮想通貨ビットコイン、イランで急騰 米国との関係悪化受け【ニュース】

イランと米国の緊張が高まる中、イランのビットコイン取引価格が約10億イラン・リアル(約3万ドル)を突破した

P2P(ピアツーピア、個人間)のビットコイン取引プラットフォームであるローカルビットコインズによると、1ビットコインが10億リアルを超える取引が複数出ている。

LocalBitcoins lowest offers per BTC. Source: LocalBitcoins

(出典:LocalBitcoins「ビットコイン取引価格」)

Coin360によると、ビットコインは7300ドル付近で取引をしている。このためイランのビットコイン価格は4倍以上の値がついたことになる。

4日、米国国防省はトランプ大統領の指示でイランの革命防衛隊の司令官を殺害したと発表。イランは報復措置を取る考えを示しており、両国間の緊張が高まっている。

ブロックチェーン分析企業メサーリ創業者のライアン・セルキス氏は、イランの法定通貨が下落する中、ビットコインが避難通貨として機能している可能性を指摘した

「無実の(そして絶望した)イラン人が、来たるべくカオスから逃れる方法を探しているのかもしれない」

【関連記事:米軍によるイラン要人暗殺 ビットコインが安全資産として上昇か 金・原油は急騰

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン