ビットコイン100万円に沸く日本、対円取引が世界60%占め人民元から王座奪う

 ビットコイン価格が28日、日本円で100万円を突破した。日本円で取引を行うトレーダーにとって重要な心理的なポイントを通過したことで、日本市場は色めきだっている。28日午後時点で110万円以上で推移している。

  ビットコインは16年秋以来じわじわ伸びていたが、17年4月にいわゆる仮想通貨法が通過したことで上昇に加速がかかった。仮想通貨の購入に消費税が免除されたことが大きかった。

  日本の仮想通貨市場には追い風が吹いている。SBIホールディングスをはじめとする企業の参入が相次ぐ中、取引所が封鎖された中国のトレーダー資金も流入。

  実は、中国の仮想通貨取引禁止令のおかげで日本は世界最大級の仮想通貨市場になっている。9月以来、世界のビットコイン取引の過半数が対日本円取引であり、本記事作成時点でもなんと世界の60%を占める。

  これまで中国がビットコイン取引を支配してきたが、日本に王座を奪われたのは明らかだ。今後日本市場の動きが、世界のビットコイン経済に波及効果を与えるだろう。日本市場における強い勢いが、ドル建でもビットコインを10000ドルに押し上げるには不可避かもしれない。


コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー