まるでジェットコースター 仮想通貨ビットコインが乱高下|米中貿易戦争の "休戦” 報道も影響か

6月27日午後18時45分の仮想通貨相場は、一転して全面安の展開となっている。ビットコインは過去24時間で8%以上の急落。リップル(XRP)ビットコインキャッシュ(BCH)は2桁パーセント以上のマイナスを記録した。

(出典:Coin360

ボラティリティ(変動幅)の高い1日だった。

ビットコインは午前5時30分過ぎまでは1万4000ドルに届くかという水準で推移していたものの、直後の1時間で2000ドル近く急落。それ以降は持ち直して1万3000ドルを回復する場面もあったが、じりじりと値を下げて午後6時過ぎには1万2000ドルを再び下回った。

(出典:TradingView 「ビットコイン/米ドル(1日)」19時15分時点)

【関連記事:仮想通貨ビットコイン、早朝の急落はコインベースが発端?

一方、世界の株式市場は上昇。27日の日経平均株価は3日にぶりに反発したほか、NYダウ先物は80ドル高で推移している。

背景にあるのは、米国と中国が今週末のG20を前に貿易戦争の一時休戦で合意したという報道だ。

サウス・チャイナ・モーニングポストが関係者の話として報じたところによると、新たな関税導入は見送られることになり、双方とも別々に声明を出す予定。トランプ大統領が追加関税を見送る条件として出したのは、習近平国家主席が今週に会談することを約束をすることだったという。

トランプ大統領と習近平国家主席は、29日に会談を行う予定という報道もある

【関連記事:仮想通貨ビットコイン、 "アンチ・ドル"取引の恩恵受ける?今週末の大阪G20サミットが注目な訳とは

米中貿易戦争が激化する中、株式市場と相関関係の低いビットコインが資産の逃避先としての機能したことでビットコインが上昇したとみるアナリストは多い

【関連記事:「米中貿易戦争で株が暴落する中 仮想通貨ビットコインが安全資産として機能」米主要経済メディアが認める|XRP(リップル)なども急騰