ハッシュレート 再び過去最高を更新 ビットコイン2万8000ドル予想も

ビットコイン(BTC)のマイニングにおける計算力を示すハッシュレートが再び過去最高記録を更新した。仮想通貨相場は低迷しているもののビットコインのネットワークに参入するマイナーが多いことを示していて、将来的なビットコイン価格の上昇にもつながるのではないかという見方が出ている。


(「ハッシュレートの推移」引用元:ビットコイニスト

ビットコイニストによると、一秒間に6200京ハッシュ。8月だけで50%も上昇したという。8月初めに最高値更新が報じられたばかりだった。

一般的にビットコインの価格が下がるとハッシュレートは下落すると言われる。マイナーは複雑な計算式を解くことで新しいビットコインを取得するが、この計算に必要な電気代など資源が同じ場合、ビットコインの価格が下落するとともに利益率が悪くなるからだ。ただ今回は通説とは異なり、ビットコイン価格が下がる一方でハッシュレートは上昇している。

この現象に対してジェネシスマイニング社のマルコ・ストレングCEOは先日、中国マイニング大手ビットメインや韓国サムスン電子を筆頭に世界的にマイニング業界が成長していることが背景にあると指摘。より効率よくマイニングができる機器が登場していて、洗練された大手のマイニング業者が収益悪化によって市場から退出する非効率的なマイニング業者の分を補えるほど巨大化しているのではないかと話した。

また、オーストラリアの仮想通貨取引所「ブロックビット」のデービッド・サッパーCOO(最高執行責任者)は、長期的にビットコイン(BTC)価格は回復すると信じる人が多いのではないかとみている。

今回の過去最高ハッシュレート更新を受けて、元ウォール街のアナリストで仮想通貨やブロックチェーン動画「カイザーレポート」の司会者として有名なマックス・カイザー氏は、次のようにツイートした。

「私がハッシュレートを分析したところ、(ビットコインの)過去最高値が近づいている。2万8000ドルはまだ可能だ」

参考記事
SEC、9つのビットコインETFを拒否すると発表 ウィンクルボス兄弟の時と同じ理由
「ビットコイン価格下落もハッシュレートは上昇」長期的な仮想通貨市場に強気の人は多い?