弱気派はいつ白旗を上げるのか?仮想通貨ビットコイン・イーサリアム・リップル(XRP)のテクニカル分析

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています。

BTC/USD

ビットコインは25日にアップトレンド線を下回ったものの、強気派が盛り返した。ポジティブなサインだ。ビットコインは現在、4065ドルを超えて推移できるかどうか、瀬戸際に立たされている。そこを超えれば、4255ドルだ。4255ドルを超えれば、ダブルボトムを形成し、5273.91ドルをターゲットに上昇するだろう。

また我々は、4255ドルより上でショートカバー(売りポジションの解消)が相次ぐと予想している。多くの弱気派が降参するからだ。上昇基調にある移動平均線とポジティブな領域にあるRSI(相対力指数)が示すのは、上昇トレンドへの抵抗が小さいということだ。

(引用元:TradingView

我々の強気な見方は、BTC/USD がレジスタンスのうちの一つから反落しアップトレンド線を下回ったら、無効になるだろう。下降局面で最初のサポートは、アップトレンド線と50日間SMA(赤色)の間のゾーンになるだろう。もしここが破られれば、重要なサポートゾーンである3355ドルと3236.09ドルまで下がる可能性がある。

トレーダーは、現在の買いポジションをストップロス3500ドルで維持した方が良い。我々はすぐにそれを3800ドルに引き上げるだろう。

ETH/USD

イーサリアム(EHT)は25日に50日間SMA(赤色)まで調整した。そして、そこで買い手が現れた。価格は20日間EMA(青色)を回復し、アップトレンド線に挑戦している。成功したら、144.78ドルの可能性も出てくる。

(引用元:TradingView

ETH/USDは、144.78ドルを超えたら勢いをつけるだろう。167.32ドル近くまで行くかもしれない。もしこの水準も超えるようなことがあれば、上昇トライアングルパターンを完成し、251.64ドルをターゲットにすることになる。

我々の予想に反して、ETH/USDが現在の水準から下がり、50日間SMA(赤色)を下まわれば、125.88ドルまで調整するかもしれない。その下は、116.30ドルが待ち構えている。ストップロスは125ドルで維持した方が良いだろう。

XRP/USD

リップル(XRP)は25日に急落し、0.27795ドルのサポートを一時下回ったものの、すぐに反発した。

(引用元:TradingView

強気派は現在、XRP/USを2つの移動平均線の上に押し上げようとしている。成功すれば、0.33108ドル回復もある。ここが重要なレジスタンスになるだろう。1月11日以来、破られていない。逆にここを突破すれば、XRPの強さを示すことになり、上昇基調が高まり、下降型チャネルのレジスタンス線まで上昇するかもしれない。

もしそこも突破すれば、0.4ドルが見えてくる。0.4ドルを超えたらさらに勢いをつけて0.6ドルだ。

我々は、0.33108ドルを超えた水準で買うことを勧める。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版
原文 Bitcoin, Ethereum, Ripple, Litecoin, EOS, Bitcoin Cash, Binance Coin, Stellar, Cardano, Tron: Price Analysis, March 27