足元では仮想通貨下落 今後の値動きは? 仮想通貨ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) リップル(XRP)のテクニカル分析

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています。

 

BTC/USD

ビットコイン(BTC)は、6日間の狭いレンジでの取引が続いた後、下落に転じた。BTCは20日間EMAを下回り、現在は50日間SMAに接近している。下降トレンドラインもこの付近にある。このラインは以前は強力なレジスタンスとして機能していたが、今では強力なサポートとして機能している。

この重要なサポートを下抜ければ、BTC/USDのペアは次のサポートである3355ドルまで下落する可能性がある。このサポートを維持できなければ、次のサポートは3236.09ドルだ。年初来安値を更新してしまえば、下落トレンドが再開するだろう。

逆に、価格の現在のレベルでサポートを守ることができれば、再び3900ドルを上抜け、4255ドルまで上昇させようと試みるだろう。この重要なレジスタンスを上抜けることができれば、底が形成されることを示唆するものだ。今後数日は重要な局面になる。トレーダーはロングポジションを3236.09ドル以下に設定することを維持できるだろう。

ETH/USD

イーサリアム(ETH)は、20日間EMAを下抜け、50日間SMAまで一時下落した。20日間EMAまで反発できなかったことは、ネガティブなサインだ。もし50日間SMAも下抜けてしまえば、次のサポートは116.3ドルだ。したがって、トレーダーは残りのロングポジションのストップロスを125ドルで維持しておくべきだろう。

一方、ETH/USDのペアが現在の水準から回復した場合、145ドルを超えて上昇し、167.32ドルの重要な直上のレジスタンスまで達しようと試みるだろう。このレベルを超えることができれば、イーサリアムは勢いを得ることができるだろう。現在、2つの移動平均はどちらもフラットであり、相対力指数(RSI)は50のレベルをわずかに下回っている。これは短期的には一定のレンジ内での値動きが続く可能性がある。

XRP/USD

リップル(XRP)は移動平均線を下回った。再び0.2950ドルのサポートまで下落した。価格がこの水準まで下落したのは過去4度目だ。

サポートレベルを繰り返す試す展開が続けば、下抜ける可能性が高くなる。このサポートを下抜けた場合、下落局面で次に注目するレベルは0.27795ドルだ。強気筋は過去2回、このサポートを維持できていた。昨年の12月中旬と2019年1月末の2回だ。

このサポートは重要だ。ここを下抜けてしまえば、XRPは年初来安値である0.24508ドルまで急落する可能性が出てくる。

もし買い手側が現在の水準で踏みとどまることができれば、XRP/USDのペアは0.33108ドルまで上昇する可能性がある。ここを上抜けて終値を付けることができれば、XRPは下降チャネルのレジスタンスライン(0.4ドル付近)まで上昇していく可能性も出てくるだろう。トレーダーは0.27795ドル以下でストップロスを設定し、ロングポジションを維持することができる。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版
原文 Bitcoin, Ethereum, Ripple, EOS, Litecoin, Bitcoin Cash, Binance Coin, Stellar, Tron, Bitcoin SV: Price Analysis, March 4