1万ドルはいつ見える?仮想通貨ビットコイン・イーサリアム・リップル(XRP)のテクニカル分析

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています。

BTC/USD

過去2、3日の上昇のあと、ビットコイン(BTC)は小休止している。8496.53ドル付近のレジスタンス近くで利益確定の動きが出ている。今後保合いになるか、調整を迎えるかもしれない。

ビットコイン(BTC)/テザー(USDT)日足チャート

(引用元:TradingView

下降局面の最初のサポートは、7413.46ドル。もしこの水準を下回ったら、20日間EMA(青色)まで下げが続くかもしれない。我々はこれらいずれかのサポートで下落が止まるとみている。

2つの移動平均線は上昇傾向にある。BTC/USDは、強気派が支配している。しかし、RSI(相対力指数)がかなり買われ過ぎの領域にある。短期での買い増しが過剰だった可能性がある。

トレーダーは、7100ドルでストップロスをキープした方が良いだろう。次の2日間が見ものだ。もし強気派が8496.53ドルを突破できなかったら、全てのポジションで利益確定することを勧める。

一方、もし突破したら、1万ドルまで上昇する可能性がある。

ETH/USD

イーサリアム(ETH)は過去2日間、勢いに乗っている。最初のターゲット価格の225ドルを突破した。素晴らしい出来だが、我々はロングポジションの30%を現在の水準で利益確定することを勧める。残りは175ドルにストップロスをおくと良いだろう。20日間EMA(青色)のちょうど下の位置にある。

次のターゲットは256ドル。もし勢いが続けば、300ドルもみえてくる。

イーサリアム(ETH)/米ドル日足チャート

(引用元:TradingView

2つの移動平均線は上昇傾向にありRSI(相対力指数)は買われ過ぎのゾーンにある。強気派が主導権を握っている。下落しても200ドルのサポートに支えられるだろう。その下では、20日間EMA(青色)が控えている。

もしETH/USDが20日間EMAを下回ったら、我々の強気な見方は無効になる。

XRP/USD

リップル(XRP)は14日に高騰し、0.33108ドルと0.37835ドルのレジスタンスを打ち破った。ポジティブなサインだ。ただ0.45ドル付近で利益確定が出るかもしれず、ちょっとした調整か保合いが始まるかもしれない。

リップル(XRP)/米ドル日足チャート

(引用元:TradingView

0.37835ドルのサポートは強いだろう。XRP/USDは、この水準以上で維持されるとみられることから、ロングポジションを始める機会が生まれている。我々はこの水準が本当に維持されるか確かめてから買い推奨をする。

一方、上昇局面では0.45ドルを突破したら、0.6ドルへの道がみえるだろう。その間、0.5ドルと0.55ドルでちょっとしたレジスタンスに直面する。予期しない大きな動きに困惑するときもあるだろう。リスクの低いエントリーポイントを待つのも戦略だ。高値を追いかけてはならない。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版