ビットコインやリップルの下落は続く?29日の主要仮想通貨テクニカル分析

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています。

カナダの仮想通貨取引所メープルチェンジから913ビットコイン(BTC)が盗まれた。小さな仮想通貨取引所だが、相次ぐハッキング事件は、機関投資家が仮想通貨業界への参入を躊躇する大きな要因になっている。巨額マネーの管理が責務のため、伝統的な金融機関は大きなリスクを取りたがらない。

こうした背景があるためウォール街の大手金融機関フィデリティのカストディ(資産管理)サービス開始は大きなニュースだ。伝統的な資産と同じセキュリティーレベルで機関投資家が安心して投資できる環境が整備されるからだ。フィデリティは数十年間、数十億ドルの資産をマネジメントしてきた。

また、欧州最大の仮想通貨取引所ビットスタンプ(Bitstamp)が、韓国有数の富豪・金正宙(Kim Jung-ju)氏が率いる投資ファンドNXMH(本拠・ベルギー・ルクセンブルク)に買収されたことがわかった。英大手銀行NXMHはバークレーズの子会社だ。

大手銀行の仮想通貨に対する自信が高まっていることは間違いないようだ。

マーケットはこれらのニュースにどのように反応しているのだろうか?みてみよう。

BTC/USD

ビットコインは6500ドルを下回ってから売りが続いた。次のサポートは6200ドルでその下は、5900〜6075.04ドルが重要なゾーンになってくる。

ビットコイン・アメリカドル(BTC/USD)デイリーチャート

(引用元:TradingView

BTC/USDは、サポート水準から反発できれば、押し目買いを誘発するだろう。

一方、もしサポートを割れば、弱気派が勢いをつける。5900ドルを下回れば、次のサポートは5450ドルと5000ドルになる。ロングポジションを持つトレーダーは5900ドルでのストップロスを維持するべきだ。

狭いレンジレンジ相場からの脱却は、一時的な動きだった。本当に下落トレンドになるのかどうか見極めるのに、2、3日様子をみた方がよいだろう。

ETH/USD

過去2、3日間、20日間EMA(青色)を上回るのに失敗した後、イーサリアムは下落傾向が続いている。過去に2回あったように、188.35ドルのサポートまで調整するかもしれない。

イーサリアム・アメリカドル(ETH/USD)デイリーチャート

(引用元:TradingView

今回、二つの移動平均線は下落基調にありRSI(相対力指数)は40を下回っている。弱気派の勢力が強い。もし188.35ドルを割れば、ETH/USは167.32ドルまで下がるかもしれない。そうなれば下落トレンドが再開することになる。

一方もしサポートから反発して二つの移動平均線を超えて推移すれば、弱気な見方は無効になる。249.93ドルを越えれば新たなトレンドのスタートだ。322.57ドルまで上昇するかもしれない。

XRP/USD

過去2、3日間、リップルは20日間EMA(青色)に寄り添うように推移している。本日の下落によって、二つの移動平均線を下回った。現在は、押し目買いが見られていて、ポジティブなサインだ。

リップル・アメリカドル(XRP/USD)デイリーチャート

(引用元:TradingView

XRP/USDは0.37185ドルでサポートを得た。これを下回ると、次のサポートゾーンである0.24508〜0.26913ドルまで下落が続くことになる。

上昇局面では、0.48ドルを突破したら勢いが出るだろう。0.5ドルを超えて維持できれば、ロングポジションを提案するかもしれない。我々はリップルに対しては楽観的だ。なぜなら50日間SMA(赤色)が上昇傾向にあり、20日間EMA(青色)が横ばいだからだ。

BCH/USD

過去2、3日間、サポートラインで推移したあと、ビットコインキャッシュはシメトリカルトライアングルを下振れた。次のサポートである300ドルまで下がるとみている。

ビットコインキャッシュ・アメリカドル(BCH/USD)デイリーチャート

(引用元:TradingView

408.0182ドルでマイナーなサポートを得られるかもしれないが、そこも下回ると考えられる。二つの移動平均線は下振れていてRSI(相対力指数)は売られ過ぎの領域に近い。さらなる下落のサインだ。ロングポジションを持つトレーダーは、400ドルで身構えた方が良い。もしBCH/USDが500ドルを上回って取引を終えたら、我々の悲観論は無効になる。

EOS/USD

16日以降二つの移動平均線付近で推移した後、EOSは急落した。5ドルでマイナーなサポートがあり、その下は4.49ドルだ。我々は現在のポジションを4.9ドルのストップロスで維持することを提案する。

イオス・アメリカドル(EOS/USD)デイリーチャート

(引用元:TradingView

EOS/USDは、5ドルを突破して6.1ドルを上回れば、勢いをつけるだろう。二つの移動平均線の下で価格が推移する限り、上昇過程のポイントポイントで売り圧力に押されることとなる。

コインテレグラフのLINE@アカウントが誕生!
毎日の仮想通貨のまとめニュースの他、注目動画コンテンツの配信を予定しております。
こちらからご登録お願いします!